ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 組織案内 > 保健福祉局 > 「就労ボランティア体験事業」に係る公募プロポーザルの結果について

ここから本文です。

更新日:2015年1月27日

「就労ボランティア体験事業」に係る公募プロポーザルの結果について

厳正な審査を行った結果、以下の提案者を入選者としました。

「特定非営利活動法人ワーカーズコープ」

就労ボランティア体験事業企画・提案の募集について(公募の受付は終了しました)

「就労ボランティア体験事業」の企画・提案を募集します。

札幌市では、生活保護における自立支援について、経済的自立を支援するために就労支援を目的とした各種の事業を中心に取り組んでいるところです。
現在の厳しい雇用失業情勢のもとで、本格的な企業就労が進まずに経済的自立が果たせず、就労という社会とのつながりがなくなった結果、社会から孤立する生活保護受給者が増えている中、これらの方に対し、就労の前に、まず社会生活自立に結びつけるための支援施策が重要となっています。
そこで、生活保護受給者の社会的なつながりを回復させるための自立支援事業「就労ボランティア体験事業」を実施することといたしましたので、就労体験的なボランティアメニューを作成し参加を支援する事業の企画・提案を募り、選定された企画・提案をもとに業務委託を行います。
なお、本事業につきまして、説明会を実施いたしますので、日時等については下記資料でご確認ください。

就労ボランティア体験事業委託業務説明会(終了しました)

質疑応答

先に開催されました就労ボランティア体験事業委託業務説明会における質疑応答について、掲載します。

質疑応答(PDF:96KB)

告示文

本事業に係る公募型プロポーザルについては、告示文(札幌市告示第666号)にて告示されています。

札幌市告示第666号(PDF:978KB)

募集要項・事業実施要領

企画提案募集要項等は、保健福祉局総務部保護指導課でも配布しています。

募集要項(PDF:246KB)

仕様書(PDF:165KB)

実施要領(PDF:206KB)

応募資格

委託業務を効果的かつ効率的に実施することができる法人であり、次に掲げる全ての要件を満たすもの。

  1. 札幌市内に事務所を有していること
  2. 事業を実施できる規模のスタッフを有し、事業を的確に遂行できること
  3. 宗教活動、政治活動、選挙活動を行うことを目的とするものではないこと
  4. 特定の公職者(その候補者を含む)又は政党を推薦し、支持し、反対することを目的とするものではないこと
  5. 暴力団でないこと、又は暴力団もしくは暴力団の構成員の統制の下にあるものではないこと
  6. 応募を行う時点において、法令に違反する事実がなく、かつ、事業を実施する時点において法令に違反しないことが確実であると認められること
  7. 札幌市の契約規則に基づく契約者としての不適格要件に該当しないこと
  8. 札幌市税ならびに消費税及び地方消費税を滞納していないこと

※納税証明書等の提出をいただく場合があります。

応募期限

平成26年(2014年)4月3日(木曜日)15時00分必着

応募方法

応募申請書に記入の上、下記の提出先へ持参してください。(郵送不可)

応募申請書(ワード:47KB)応募申請書(PDF:152KB)

選考方法

提出いただいた提案書等をもとに選定委員会において決定します。

提出先・問い合わせ先

札幌市保健福祉局総務部保護指導課
〒060-8611札幌市中央区北1条西2丁目
電話011-211-2992FAX011-218-5180
Eメールアドレスseikatsuhogo@city.sapporo.jp

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局総務部保護自立支援課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎3階

電話番号:011-211-2992

ファクス番号:011-218-5180