ここから本文です。

更新日:2013年12月13日

避難場所運営マニュアル

避難場所運営マニュアルについて

 阪神・淡路大震災や東日本大震災などの例から、収容避難場所の運営を円滑に行うためには、市職員、施設管理者、避難されてきた地域住民やボランティアの方々が協力・連携し合うことが重要とされています。

 また、札幌市地域防災計画(地震災害対策編平成22年9月改訂)では、収容避難場所に市職員を派遣し、地震発生から概ね1週間以内を目途として、避難環境の整備、避難者による自主運営組織の立ち上げなどを行い、その後は避難者に引き継ぐものとしています。

 これらのことを踏まえ、実際に災害が発生したときに、派遣された市職員や避難されてきた地域住民、施設管理者等がどんなことに配慮しながら、どのように避難場所を運営していくのかという実務的な内容をまとめるものとして、本マニュアルを作成しました。

避難場所運営マニュアル(PDF:917KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局総務部総務課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎3階

電話番号:011-211-2932

ファクス番号:011-218-5180