ここから本文です。

更新日:2018年9月11日

災害に伴う国民年金保険料の免除

平成30年北海道胆振地方中東部を震源とする地震で被害を受けたことにより、国民年金保険料(第1号被保険者の保険料)の納付が困難なときは、申請をして承認されると保険料の納付が免除される制度があります。災害による特例免除を希望される場合は、り災証明書などの被害状況のわかるもの、年金手帳や運転免許証などの本人確認書類、認印をお持ちのうえ、お住まいの区の保険年金課年金係または年金事務所で手続きください。

免除制度の詳細

対象となる災害

震災、風水害、火災

対象となる被害の程度

住宅、家財、その他の財産につき、損害が最も大きい財産に係る被害金額(保険金、損害賠償金等により補充された金額を除く)が、その価格のおおむね2分の1以上

免除期間

今回の地震による被害の場合は、平成30年8月分から平成32年6月分までとなります(事由の生じた日の属する月の前月分から翌々年6月分まで)。

※ただし、平成31年7月分以降の期間については、7月以降に改めて申請手続きが必要です。

承認後の取り扱い

承認後の取り扱いについては、リンク先のページ「保険料を納めるのが難しいときは」の「免除猶予が承認されると」を参照ください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保険医療部保険企画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎4階

電話番号:011-211-2944

ファクス番号:011-218-5182