ここから本文です。

更新日:2014年10月31日

国民健康保険(特定健康診査等実施計画)

第二期特定健診等実施計画を策定しました(平成25年3月)

平成18年の医療制度改革において、平成20年4月より、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した特定健診および特定保健指導の実施が、各保険者に義務付けられました。
実施にあたっては、国において定める特定健診等基本指針に即し、5年ごとに、5年を一期とする実施計画を立てることとされ、計画の中では、実施目標や具体的な実施方法について定めることとされています。
第一期実施計画は、平成20年度から平成24年度を計画期間として策定しましたが、平成25年度から第二期計画期間が始まることから、第一期の実施状況を踏まえ、第二期実施計画を定めました。

第二期特定健康診査等実施計画の年度別目標値

平成29年度までの特定健康診査、特定保健指導の実施率を以下のとおり設定しました。

区分 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
特定健診の実施率 22% 24% 26% 30% 35%
特定保健指導の実施率 10% 12% 14% 17% 20%

第一期特定健康診査等実施計画中間評価(平成23年2月)

これまでの、実施結果、目標の達成状況、事業推進策、効果等について分析・評価を行い、事業推進にあたっての課題、今後、重点的に取り組むべき事項を考察し、中間評価としてとりまとめました。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保険医療部保険企画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎4階

電話番号:011-211-2887

ファクス番号:011-218-5182