ホーム > くらし・手続き > 税金・保険・年金 > 国民健康保険 > 保険給付 > 高額な外来診療をうける皆さまへ(外来診療でも限度額適用認定証が使用できます)

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

高額な外来診療をうける皆さまへ(外来診療でも限度額適用認定証が使用できます)

外来診療を受けて、ひと月の窓口負担が自己負担限度額を超えた場合には、いったん医療機関にお支払いいただいたうえで、申請により高額療養費としてお返ししています。

平成24年4月1日からは、外来診療の場合でも、「限度額適用認定証」を提示することで、同一医療機関の外来診療分の窓口負担が一定の額(自己負担限度額)までとなります。

厚生労働省のホームページ


対象者

※70~74歳の現役並み所得者一般の方は、「高齢受給者証」を医療機関に提示するだけで、自己負担限度額までの支払いとなるため、「限度額適用認定証」の申請は必要ありません。

※69歳以下の方は、保険料に滞納があると、「限度額適用認定証」を交付できない場合があります。

申請手続き

次のものをお持ちになり、お住まいの区の区役所保険年金課給付係(厚別区・清田区・手稲区は保険係)の窓口で申請してください。

  • 届出者本人と確認できるもの(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)、障害者手帳、在留カードなど)
  • 世帯主及び対象者の個人番号がわかるもの(マイナンバーカード(個人番号カード)、番号通知カードなど)
  • 保険証
  • 高齢受給者証(70~74歳の方)

限度額適用認定証の有効期間

申請した月の初日から毎年7月末日までです。引き続き必要な方は、再度申請してください。

札幌市国保高額療養費受領委任払の廃止

限度額適用認定証が外来診療にも適用されることに伴い、外来診療について札幌市独自で行っていた高額療養費受領委任払は、平成24年3月診療分をもちまして、廃止しました。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保険医療部保険企画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎4階

電話番号:011-211-2952

ファクス番号:011-218-5182