ホーム > くらし・手続き > 税金・保険・年金 > 国民健康保険 > 保険証の個人カード化について

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

保険証の個人カード化について

国民健康保険の保険証が個人カード化されました

平成27年(2015年)12月の国民健康保険証の一斉更新より、国民健康保険証が1人1枚の個人カード証に変更となりました。平成27年(2015年)11月下旬頃、国民健康保険に加入されているご家族全員の個人カード証を世帯主の方宛に郵送いたしました。これまでと違うサイズの保険証になりますので、お間違えのないようご注意下さい。

個人カード化のメリット

  • これまでのような世帯で1枚の保険証ではなく、加入者1人につき1枚の保険証をもつことができます。
  • 家族同士が同じ時間帯に別々の医療機関に受診することができます。
  • 毎年個別の保険証(遠隔地証)を申請していた方も申請が必要無くなります。
  • 免許証などのカードと同じサイズ(縦54mm×横86mm)になるので、持ち運びがしやすくなります。

個人カード証の様式

外側がラミネート加工(透明フィルムを貼る加工)された紙製の保険証です。ラミネート加工がされているので、紙製でも丈夫で汚れにくくなっています。

保険証は下記のような形になっており、二つ折りにすると縦54mm×横86mmのカードサイズになります。

        <開いた状態>               <二つ折りにした状態>

カード型保険証(開いた状態)カード型保険証(二つ折りにした状態) 

個人カード証に関する手続き

個人カード証への変更手続きは不要です。また、遠隔地証(個別の保険証)の交付申請も不要となります。

ただし、以下のア・イに該当する場合は、お住まいの区の【区役所保険年金課保険係】で手続きが必要です。

<ア.他市町村の学校へ通学するため、市外へ転出するとき>

他市町村の学校へ通学するためにご家族の一部の方が市外へ転出されるときは、札幌市の国保に引き続き加入となります。下記のものをお持ち下さい。(過去に在学証明書を提出されている方は、学校や卒業日などが変更とならない限り、改めての手続きは不要です。)

  • 届出人本人と確認できるもの(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)、障害者手帳、在留カードなど)
  • 札幌にお住まいのときの世帯の世帯主及び転出される方の個人番号がわかるもの(マイナンバーカード(個人番号カード)、番号通知カードなど)
  • 転出される方の国保の保険証

<イ.他市町村の施設へ入所するため、市外へ転出するとき>

他市町村の施設へ入所するためにご家族の一部の方が市外へ転出されるときは、札幌市の国保に引き続き加入となります。下記のものをお持ち下さい。(過去に在園証明書を提出されている方は、施設などが変更とならない限り、改めての手続きは不要です。)

  • 届出人本人と確認できるもの(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)、障害者手帳、在留カードなど)
  • 札幌にお住まいのときの世帯の世帯主及び転出される方の個人番号がわかるもの(マイナンバーカード(個人番号カード)、番号通知カードなど)
  • 転出される方の国保の保険証

個人カード証の注意点

個人カード化された後も、病院等を受診するときはこれまでと同じように受診される方の保険証を提示してください(負担割合なども変わりません)。1人1枚となりますので、ご家族の他の方の保険証と取り違えのないようお気を付けください(ご家族の保険証を使用して医療機関等を受診することはできません)。

なお、資格証明書や高齢受給者証、限度額適用・標準負担額減額認定証、特定疾病療養受療証などは現行と同じサイズのままとなります。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保険医療部保険企画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎4階

電話番号:011-211-2952

ファクス番号:011-218-5182