• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 施設案内 > 東区交通安全運動推進委員会 > 平成25年度の取組み、お知らせ等

ここから本文です。

更新日:2014年4月1日

平成25年度の取組み、お知らせ等

平成25年度の札幌市交通安全の取組み

運動の重点

○自転車の安全利用の推進

○高齢者の交通事故防止

7大セーフティキャンペーン

高齢者事故防止

○高齢者への夜光反射材の配布と普及促進、交通安全の声かけ、交通安全教室などの交通安全指導を推進する。

○民間街頭放送設備を活用し交通安全広報活動を推進する。

自転車走行ルール・マナーアップ

○自転車利用者に自転車は「車両」であることの意識付けを図り、基本的な交通ルールの順守とマナーの向上について、あらゆる機会を通じて啓発活動を推進するほか、高額賠償事例などリスク教育を行い、TSマーク制度等の周知を図る。

○インターネットを通しすべての年齢層を対象とした参加・実践型の交通安全教育を推進する。

シートベルト全席着用

○非着用の危険性の認識向上、後部座席を含む全座席でのシートベルト・チャイルドシートの確実な着用啓発活動を行う。

スピードダウン

○主要幹線道路等における街頭啓発により通過車両の速度抑制や道路状況に応じた安全速度の励行運動を推進する。

飲酒運転根絶 ○飲食店組合や交通ボランティア等と連携した啓発活動の推進、疑似体験等を通じた危険性の認識向上、飲酒運転の罰則等の広報活動を推進する。

居眠り運転防止

○居眠り運転や覚低走行(眠気の自覚がない中、居眠り時と同レベルに注意力が低下した状態での走行)による事故を防ぐため、長距離運転での休憩の呼びかけなど居眠り運転事故防止に向けた啓発活動を推進する。
デイ・ライト実践 ○昼間に前照灯等を点灯することでドライバー自身の交通安全意識を高め、他者に交通安全を呼びかけるデイ・ライト運動の一層の浸透・定着を図るため、自治体、関係機関・団体等はもとより、地域・職域の民間団体等の参加を促進する。

平成25年度期別運動

各期において、全国及び全道の重点ならびに季節の変化や事故の実態等を踏まえた重点目標を設定し、地域参加型の運動を展開します。

運動名

春の交通安全市民総ぐるみ運動(全国一斉)

夏の交通安全市民総ぐるみ運動(全道一斉)

実施期間

4月6日(土曜日)~4月15日(月曜日)

7月10日(水曜日)~7月19日(金曜日)

全道統一行動日(セーフティコール)

4月6日(土曜日)

7月10日(水曜日)

期別運動の重点 新入学児童・園児や活動期に入る自転車利用者の事故防止をはじめ、以下の活動等を推進する。

・高齢者の交通事故防止

・スピードの出し過ぎ防止

・全ての座席のシートベルト・チャイルドシートの正しい着用

・飲酒運転の根絶

観光や夏型レジャー等に伴う事故防止をはじめ、以下の活動等を推進する。

・子どもと高齢者の交通事故防止

・二輪・自転車乗用中の交通事故防止

・全ての座席のシートベルト・チャイルドシートの正しい着用

・交差点の交通事故防止

運動名

秋の交通安全市民総ぐるみ運動(全国一斉)

冬の交通安全市民総ぐるみ運動(全道一斉)

実施期間

9月21日(土曜日)~9月30日(月曜日)

11月14日(木曜日)~11月23日(土曜日)

全道統一行動日(セーフティコール)

9月21日(土曜日)

11月14日(木曜日)
期別運動の重点 日没時間が早まることによる夕暮れ時と夜間の高齢歩行者・自転車の事故防止をはじめ、以下の活動等を推進する。

・全ての座席のシートベルト・チャイルドシートの正しい着用

・飲酒運転の根絶
降雪に伴う冬道路面でのスリップ事故の防止をはじめ、以下の活動等を推進する。

・高齢者の交通事故防止

・夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止

・交差点の交通事故防止

・飲酒運転の根絶

特別対策

「交通死亡事故多発警報」の発表時に地域住民等への注意喚起などの緊急かつ効果的な広報啓発、住民集会、街頭指導等を実施する。

平成22年12月7日東区交通死亡事故抑止緊急集会
平成22年12月7日東区交通死亡事故抑止緊急集会

交通安全教室

東区交通安全運動推進委員会では、交通教育指導員が小学校や幼稚園・保育園、老人クラブ等に出向き、交通安全教室を開催しております。平成25年度の実施期間は下記の通りでした。

対象 実施時期 実施団体数 参加人数
老人クラブ 8月~10月 36団体 1,123人
幼稚園・保育園1期 6月、7月 44園 5,188人
幼稚園・保育園2期 11月、12月 42園 4,780人

 

お知らせ、運動の記録

ふしこ幼稚園から千羽鶴のプレゼント

平平成26年2月28日(金曜日)、学校法人ふしこ学園ふしこ幼稚園の池添園長と、この春1年生になる代表園児2名が千羽鶴を持って東区役所を訪れました。この千羽鶴は、交通安全の願いを込めて園児と保護者、先生たちが作ったもので、さっそく区役所1階ロビーに飾りました。ご来庁の際には是非ご覧ください。

ふしこ幼稚園千羽鶴1

ふしこ幼稚園千羽鶴2

交通安全指導員・シルバーリーダー合同研修会

平成26年2月21日(金曜日)東区民センター大ホールにおいて、交通安全指導員と老人クラブのシルバーリーダーを対象に合同研修会を開催しました。
講師に札幌弁護士会弁護士吉田玲英氏を招き、「交通事故の現状」や「交通事故が起きてしまった場合の責任と損害賠償」について、具体的な事例を交えながら講話をいただきました。参加した約100名の皆さんは熱心に耳を傾けていました。

交通安全指導員、シルバーリーダー合同研修1

交通安全指導員、シルバーリーダー合同研修2

交通安全指導員、シルバーリーダー合同研修3

交通安全指導員、シルバーリーダー合同研修4

『雪まつり啓発』を行いました

平成26年2月8日(土曜日)、さっぽろ雪まつり「つどーむ会場」において、東区交通安全母の会会員による雪まつり啓発が行われました。当日の会場は、厳しい寒さにもかかわらず多くの市民・観光客で賑わい、約40名の会員たちはポケットティッシュ・夜光反射材を配って交通安全を呼びかけました。

26年度雪まつり啓発1

26年度雪まつり啓発2

26年度雪まつり啓発3

26年度雪まつり啓発4

26年度雪まつり啓発5

26年度雪まつり啓発6

啓発の様子(PDF:156KB)

元町地区、「交通死亡事故ゼロ2,000日」達成

平成26年1月14日(火曜日)、東区役所において「元町地区交通事故死ゼロ2,000日」達成の区長表彰が行われました。元町地区では、平成20年7月22日以降、死亡事故が起きておらず、今年1月12日で交通事故死ゼロ2,000日を達成しました。同地区では、期別の交通安全運動街頭啓発のほか、自転車啓発、地下鉄元町駅啓発、小学校での自転車教室、飲酒運転防止パトロール等、地道な活動を継続的に実施しています。

元町地区交通事故死ゼロ2000日表彰1

元町地区交通事故死ゼロ2000日表彰2

表彰式の様子(PDF:79KB)

元町地区、田中勇一さんが交通栄誉章『緑十字金章』を受章されました

緑十字金賞受章の田中さん元町地区田中勇一さん(東区交通安全協会副会長・東区交通安全指導員会会長)が全日本交通安全協会から交通栄誉章「緑十字金章」を受章されました。
交通栄誉章「緑十字金章」とは、長年にわたり交通安全活動に尽力し、交通事故の防止と交通秩序の確立に抜群の功績を残した方に贈られるもので、交通安全功労の最高位にあたります。
田中さんは、昭和58年から札幌市交通安全指導員として子どもたちや高齢者を見守ってこられました。元町地区では、今現在2,000日以上交通死亡事故が起きていません。田中さんを中心として元町地区の多くの方々が交通安全運動にご尽力下さった成果だと思います。今後益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

表彰状と緑十字金章(PDF:43KB)

道内交通事故死16人減の184人、東区でも3人減!

新年あけましておめでとうございます。
皆様方には、平素より交通事故防止にご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。昨年に引き続き本年も、より一層交通安全運動に取り組んでまいります。
昨年の交通事故による死者数は、全国で4,373人(対前年比38人減)、全道で184人(16人減)、東区で1人(3人減)という結果でした。
特に、道内について、年間死者数は昭和22年に統計を取り始めてから4番目に少なく、過去最悪だった昭和46年の889人の2割まで減少し、都道府県別では、一昨年のワースト第2位から、静岡県と並んでワースト4位と好転しています。
また、人身事故件数も13,722件(251件減)となり、47年ぶりに14,000件を割り込んでいます。
一方、死者数のうち65歳以上の高齢者は97人(12人増)、全道の184人に占める割合は52.7%となっています。平成10年に初めて過半数を占め、平成11年、12年は半数を割ったものの、昨年再び過半数を超えたものです。
高齢者人口が増加していることに加えて、負傷した際の致死率が高いためと分析されており、高齢者対策の重要性が益々高まってきています。
交通安全運動への皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

人身事故発生状況の詳細

平成25年度、老人クラブと幼稚園・保育園での交通安全教室終了

当推進委員会で実施しております、老人クラブと幼稚園・保育園児を対象とした交通安全教室(平成25年度分)が終了しました。

対象 実施時期 実施団体数 参加人数
老人クラブ 8月~10月 36団体 1,123人
幼稚園・保育園1期 6月、7月 44園 5,188人
幼稚園・保育園2期 11月、12月 42園 4,780人

老人クラブでは、DVDやクイズなどで安全確認の大切さやルールの再確認を行いました。
幼稚園・保育園では、パネルシアターや寸劇・体操などで、飛び出しの危険と道路を渡るときの4つの約束「とまる」「みる」「きく」「まつ」をしっかり守ることを勉強しました。
平成26年度分につきましては、詳細が決まり次第ご案内いたしますので、高齢者と園児の交通事故を防ぐために、多数のお申込みをよろしくお願いいたします。

25年度老人クラブ

老人クラブ(札苗平成クラブ)

25年度幼稚園、保育園1

幼稚園・保育園1期(北栄幼稚園)

25年度幼稚園、保育園2

幼稚園・保育園2期(札幌第二福ちゃん保育園)

25年度幼稚園、保育園3

幼稚園・保育園2期(あゆみ第二幼稚園)

東区交通安全母の会『あいあい研修会』が行われました

平成25年11月1日(金曜日)、東区民センター大ホールにおいて、東区交通安全母の会連絡協議会主催による、母の会会員を対象とした『あいあい研修会』が開催されました。札幌市市民まちづくり局地域振興部吉成交通安全担当課長による交通事故防止についての講話や、東区交通教育指導員による交通安全教室など盛りだくさんの内容となり、参加者たちは熱心に耳を傾け、交通安全の大切さを再確認していました。

母の会あいあい研修会1

母の会あいあい研修会2

母の会あいあい研修会3

母の会あいあい研修会4

冬の交通安全市民総ぐるみ運動が実施されました

平成25年11月14日(木曜日)から23日(土曜日)に、凍結路面等でのスリップ事故防止をはじめ、高齢者の交通事故防止、夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止、飲酒運転の根絶を重点に、全道一斉の冬の交通安全市民総ぐるみ運動が実施されました。寒い中各地区で街頭啓発にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
路面が凍結しやすいこれからの季節は、毎年交通事故が多く発生しております。ドライバーの皆さんは速度を落として運転しましょう。また、歩行者の皆さんは夜間の外出時、明るい服装や夜光反射材を身に着け、信号機のある場所を横断するようにしましょう。

街頭啓発の模様

25冬の交通安全(鉄東)

鉄東地区

25冬の交通安全(北光)

北光地区

25冬の交通安全(北栄)

北栄地区

25冬の交通安全(栄西)

栄西地区

25冬の交通安全(栄東)

栄東地区

25冬の交通安全(伏古本町)

伏古本町地区

25冬の交通安全(丘珠)

丘珠地区

25冬の交通安全(札苗)

札苗地区

25冬の交通安全(東雁来)

東雁来地区

 

25冬の交通安全(苗穂)

苗穂地区

 

各地区の運動の様子(PDF:943KB)

栄東地区、「交通死亡事故ゼロ2,000日」達成

平成25年11月18日(月曜日)、東区役所にて「栄東地区交通死亡事故ゼロ2,000日」達成の表彰式が行われました。栄東地区では、平成20年5月26日以降、死亡事故が起きておらず、今年11月16日で交通死亡事故ゼロ2,000日を達成しました。同地区では、年4回の交通安全運動街頭啓発のほか、地元の農家から寄贈されたたまねぎをドライバーや歩行者に配布しながら交通安全を呼びかる「交通安全たまねぎキャンペーン」等、独自の啓発活動を続けてきました。

栄東地区交通事故死ゼロ2000日達成1

栄東地区交通事故死ゼロ2000日達成2

飲酒運転防止パトロールが行われました

平成25年11月20日(水曜日)、元町地区において、飲酒運転防止パトロールが行われました。当日は交通安全指導員や母の会、地域の方など9名が集まり、元町地区の飲食店5店舗に「飲酒運転、しない、させない、許さない」と書かれたポスターを配布し、飲酒運転の根絶を呼びかけました。

飲酒1

飲酒2

高齢者に交通安全を呼びかける街頭啓発を行いました

平成25年10月15日(火曜日)、年金支給日に合わせ、地下鉄環状通東駅近辺の北洋銀行北十五条支店、北海道銀行北十五条支店前において街頭啓発を行いました。高齢の歩行者と自転車利用者を対象に、夜光反射材などを配布し、交通安全を呼びかけました。

年金1

年金2

栄東地区『たまねぎキャンペーン』が行われました

平成25年10月15日(火曜日)、地下鉄栄町駅前交差点において、栄東連合町内会並びに同地区交通安全運動推進委員会による毎年恒例の『たまねぎキャンペーン』が行われ、ドライバーに交通安全のメッセージを添えた地元特産のたまねぎを配りながら交通事故撲滅を訴えました。当日は日の丸保育園の園児たちも参加し、手旗を振りながら元気な声で交通安全を呼びかけていました。啓発終了後は、日の丸会館において交通安全教室も開かれ、交通事故のない安心・安全なまちづくりに向け、さらに意識を高めました。

25年度たまねぎキャンペーン1

25年度たまねぎキャンペーン2

25年度たまねぎキャンペーン3

25年度たまねぎキャンペーン4

25年度たまねぎキャンペーン5

25年度たまねぎキャンペーン6

『夜光反射材実証実験会』が開催されました

平成25年10月15日(火曜日)に、元町中学校において元町まちづくり協議会主催による夜光反射材の効果を知るための実験が行われました。北海道警察、地域の方々およそ30名が集まり、夕暮れ時の薄暗い中、夜光反射材がどれほど効果的かを、実験をとおして確認していました。

夜光反射材実証実験会1

夜光反射材実証実験会2

秋の交通安全市民総ぐるみ運動が実施されました

平成25年9月21日(土曜日)から30日(月曜日)に、夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗車中の交通事故防止、居眠り運転による交通事故防止、全ての座席のシートベルト・チャイルドシートの正しい着用、飲酒運転の根絶を重点に、全国一斉の秋の交通安全市民総ぐるみ運動が実施されました。各地区で街頭啓発にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
これからの時期は、日没時間が早まることにより夕方から夜間にかけての交通事故が多発する傾向にあります。ドライバーの皆さんは道路横断中の歩行者・自転車に十分気をつけてください。歩行者も夜の外出時はなるべく明るい色の服装を心がけるとともに、夜光反射材などを活用して、自分を目立たせる工夫をしましょう。

25秋_鉄東地区

鉄東地区

25秋_北光地区

北光地区

25秋_北栄地区

北栄地区

25秋_栄西地区

栄西地区

25秋_栄東地区

栄東地区

25秋_元町地区

元町地区

25秋_伏古本町地区

伏古本町地区

25秋_丘珠地区

丘珠地区

25秋_札苗地区

札苗地区

25秋_東雁来地区

東雁来地区

25秋_苗穂地区

苗穂地区

 

各地区の運動の様子(PDF:1,886KB)

交通安全母の会『地下鉄6駅前街頭啓発』

平成25年9月30日(月曜日)に、東区内の地下鉄6駅前において、交通安全母の会による街頭啓発が行われました。反射材などを配布し、市民の方々に交通安全を呼びかけました。

25母の会地下鉄6駅前街頭啓発(新道東)

新道東駅前

25母の会地下鉄6駅前街頭啓発(東区役所前)

東区役所前駅前

25母の会地下鉄6駅前街頭啓発(栄町)

栄町駅前

25母の会地下鉄6駅前街頭啓発(環状通東)

環状通東駅前

伏古本町交通安全母の会による研修会が実施されました

平成25年8月1日(木曜日)、伏古本町まちづくりセンターにおいて、伏古本町交通安全母の会による研修会が実施されました。自転車の走行ルールや歩行者の道路横断の仕方のDVDを鑑賞後、札幌方面東警察署交通第一課長毛利様から、横断歩道や道路で、子どもたちを安全に横断させるための正しい旗振りの実技指導をしていただきました。子どもたちを交通事故から守るため、参加された皆さんは、実技を通して積極的に学んでいました。

伏古本町地区母の会研修会1

伏古本町地区母の会研修会2

平成25年度、第1期、幼稚園・保育園での交通安全教室終了

毎年、当推進委員会で実施しております、幼稚園・保育園児を対象とした交通安全教室(第1期)が終了しました。7、8月の2か月間、44園において実施し、クイズやお話、体操などを通して、飛び出しの危険や道路を渡る時の4つの約束「とまる」「みる」「きく」「まつ」をしっかり守ることなどを指導しました。
第2期は11、12月に実施いたします。子どもたちの悲惨な交通事故を防止するためにも、交通ルールをしっかり伝えていきたいと思います。

第1期幼稚園保育園の交通安全教室1

第1期幼稚園保育園の交通安全教室2

「東区子どもまちづくり体験塾」の子どもたちが街頭啓発を体験しました

平成25年7月26日(金曜日)、「東区子どもまちづくり体験塾」が開催され、東区内の小学4~6年生13人が実際に街頭に立って交通安全啓発を体験しました。この「体験塾」は子どもたちが様々なまちづくり活動を体験するもので、子ども達は元気いっぱい、積極的に街頭啓発に参加していました。

子ども体験塾1

子ども体験塾2

元町小学校で「自転車交通安全教室」が実施されました

平成25年7月25日(木曜日)、元町小学校において全校生徒を対象とした自転車交通安全教室が実施されました。夏休みを控えた子どもたちに自転車の正しい乗り方を指導し、事故に遭わない・起こさないよう過ごしてもらうことが目的です。当日は雨天の為、体育館での交通安全教室となりましたが、一生懸命交通ルールを学ぶ児童たちの姿が見られました。

自転車交通安全教室1

自転車交通安全教室2

「さわやか健康まつり」で東区交通安全母の会連絡協議会が交通安全啓発を実施しました

平成25年7月13日(土曜日)、東区モエレ沼公園において「第14回東区さわやか健康まつり」が開催され、大勢の市民が集う中、母の会の皆さんが、ポケットティシュを配布しながら交通安全を呼びかけました。

さわやか健康まつり1

さわやか健康まつり2

夏の交通安全市民総ぐるみ運動が実施されました

平成25年7月10日(水曜日)から19日(金曜日)まで全道一斉の夏の交通安全市民総ぐるみ運動が実施されました。
子供と高齢者の交通事故防止、二輪車・自転車乗用中の交通事故防止、居眠り運転による交通事故防止、全ての座席のシートベルト・チャイルドシートの正しい着用、交差点の交通事故防止を重点目標に、暑い中、各地区で街頭啓発が行われました。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
これからの行楽シーズンは、スピードの出し過ぎや居眠り運転が多発する傾向にあります。交通事故を起こさないためにも、気持ちにゆとりをもって安全運転を心がけましょう。

各地区の運動の様子(PDF:965KB)

「交通死亡事故多発警報」が発表されました

石狩振興局管内において、平成25年7月17日(水曜日)から19日(金曜日)までの3日間に5件の交通事故が発生し、5名の方が亡くなりました。このことを受け、7月22日(月曜日)に石狩管内に「交通死亡事故多発警報」が発表されました。警報期間は7月22日(月曜日)~7月28日(日曜日)の7日間です。これ以上交通死亡事故を増やさないためにも、次のことに注意するようお願いいたします。

●交差点での安全確認を徹底する。
●高齢歩行者・自転車の道路横断等に注意。横断歩道は歩行者優先。
●自転車も車両の仲間。交通ルール・マナーの遵守。
●デイ・ライトを実施し安全運転をする。
●後部座席もシートベルトは確実に着用する。
●飲酒運転は絶対にしない。

 

苗穂地区交通安全運動“旗波作戦”

平成25年7月1日(月曜日)、苗穂地区で交通安全の街頭啓発“旗波作戦”が行われました。沿道に地域住民の方々が約3キロにわたって黄色い旗の波を作り、ドライバーや自転車、道行く歩行者に交通安全を訴えました。これから、本格的に行楽シーズンが始まります。一人ひとりが交通ルールやマナーを守り、交通事故防止に努めましょう。

25苗穂旗波作戦1

25苗穂旗波作戦2

東区交通安全母の会連絡協議会が自転車安全利用啓発を実施しました

平成25年6月21日(金曜日)などに東区各地区において、東区交通安全母の会の皆さんが、夜光反射材(スポークリフレクター)を配布し、自転車の安全利用を呼びかけました。反射材を装着しているとドライバーの目にとまりやすく、安全確保にとても効果的です。自転車を利用する際には交通マナーを守り、安全な走行を心がけましょう。

自転車啓発1(北光)

北光地区

自転車啓発2(北栄)

北栄地区

自転車啓発3(栄西)

栄西地区

自転車啓発4(栄東)

栄東、丘珠地区

自転車啓発5(元町)

元町地区

自転車啓発6(伏古本町)

伏古本町地区

自転車啓発7(札苗、東雁来、中沼)

札苗、東雁来、中沼地区

自転車啓発8(苗穂)

苗穂地区

高齢者に交通安全を呼びかける街頭啓発を行いました

平成25年6月14日(金曜日)、年金支給日に合わせ、地下鉄元町駅近辺の札幌東郵便局、北洋銀行元町支店の歩道において街頭啓発を行いました。高齢の歩行者と自転車利用者を対象に夜光反射材などを配布し、交通安全を呼びかけました。

年金1

年金2

自転車交通安全教室が実施されました

平成25年6月12日(水曜日)、栄西小学校において、1、2年生を対象に自転車交通安全教室が実施されました。自転車の特性や簡単な点検の仕方を覚え、道路での正しい乗り方を理解するため、児童達は実践を通し、一生懸命交通ルールについて学んでいました。暑い日差しの中、参加されたPTAの方々、お手伝い頂いた皆さん、お疲れ様でした。

25年度栄西小自転車教室1

25年度栄西小自転車教室2

元町北町内会「自転車交通安全教室」が実施されました

平成25年5月26日(日曜日)、元町小学校で、元町北町内会主催の地域の方々を対象とした自転車交通安全教室が実施されました。自転車による悲惨な交通事故を防ぐ為、正しい乗り方やマナーなど実践を通し、参加された皆さん、積極的に学ばれていました。

元町北町内会1

元町北町内会2

東区PTA交通安全指導者講習会を実施いたしました

平成25年5月24日(金曜日)、東区民センター大ホールにおいて、小学校のPTAのお母さんを対象にした交通安全指導者講習会を実施いたしました。東区内19校の小学校から参加があり、札幌方面東警察署交通第一課長毛利様から、児童の登下校時の交通事故防止のため、横断歩道や道路での正しい旗振りの実技指導をしていただきました。子供たちが交通事故の犠牲者にならないために、これからも地域の方と連携してまいります。

PTA講習会1

PTA講習会2

平成25年度東区交通安全運動推進委員会定期総会を開催しました

平成25年5月17日(金曜日)、東区民センター大ホールにおいて当推進委員会の定期総会を開催いたしました。今年度も『自転車の安全利用の推進』と『高齢者の交通事故防止』を運動の重点に置き、交通事故防止に取り組んでまいります。

25年度総会1

25年度総会2

平成25年度東区交通安全母の会連絡協議会定期総会が開催されました

平成25年5月17日(金曜日)、東区民センター大ホールにおいて東区交通安全母の会連絡協議会定期総会が開催されました。今年度も積極的に交通安全啓発活動を実施し、交通事故防止に取り組んでいくことが決定されました。

25年度母の会総会1

25年度母の会総会2

1年生自転車交通安全教室

平成25年5月9日(木曜日)、開成小学校において1年生を対象に自転車交通安全教室が行われました。自転車の特性を知り、簡単な点検の仕方、道路での正しい乗り方を理解するため、児童達は実践を通し、一生懸命交通ルールについて学んでいました。

一年生自転車教室1

一年生自転車教室2

苗穂地区交通安全運動“旗波作戦”

平成25年5月1日(水曜日)、苗穂地区で、交通安全“旗波作戦”が行われました。地域住民の方々が約3キロにわたって沿道に立ち並び、黄色い旗を掲げ、ドライバーや自転車、歩行者に交通安全を呼びかけました。

25年度苗穂旗波1_1

25年度苗穂旗波1_2

25年度苗穂旗波1_3

25年度苗穂旗波1_4

札苗小学校で入学式における交通安全特別啓発を実施しました

平成25年4月8日(月曜日)に、東区内の小学校において入学式が行われました。
毎年、各小学校で地域の交通安全母の会を中心に、交通安全グッズをプレゼントするなどの啓発活動を行っています。特別啓発として、今年は札苗小学校へ東区長、東警察署長、タッピーも出向き、一緒に活動に参加しました。
新入学シーズンの春は、車社会にまだ不慣れな新入学園児童が街に登場します。
地域全体で子供達を交通事故から守るため、ドライバーの皆さんはアクセルをゆるめ、安全運転を心がけましょう。

25入学式1

25入学式2

25入学式3

25入学式4

春の交通安全市民総ぐるみ運動が実施されました

平成25年4月6日(土曜日)から15日(月曜日)、新入学児童・園児や活動期に入る自転車利用者の事故防止、高齢者の交通事故防止、スピードの出し過ぎ防止、全ての座席のシートベルト・チャイルドシートの正しい着用、飲酒運転根絶を重点に、全国一斉の春の交通安全市民総ぐるみ運動が実施されました。各地区で街頭啓発にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
交通事故を減らすためには、一人ひとりが交通ルールを守ることが大切です。子ども達の笑顔を守るためにも、地域一丸となって、交通事故のない東区を目指していきましょう。

各地区の運動の様子(PDF:1,171KB)

 

このページのトップに戻る

施設案内ページに戻る

ようこそ東区トップページに戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2400

ファクス番号:011-742-4762