• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 施設案内 > まちづくりセンター > 札苗まちづくりセンター > 東雁来雨水ポンプ場を視察しました

ここから本文です。

更新日:2018年7月5日

東雁来雨水ポンプ場を視察しました

ポンブ場内部

7月5日(木曜日)午前10時から札苗連合町内会(岩谷隆司会長)の役員が平成30年5月31日に供用開始した東雁来雨水ポンプ場(東区東雁来12条4丁目)の視察を行いました。

東雁来地区と東苗穂地区の大雨時の安全対策として、札幌市では25年ぶりの新設のポンプ場となります。

同ポンプ場は無人施設のため、通常は視察等の受け入れは行っていませんが、地元の連合町内会からの依頼により特別に視察を行うことができました。

現段階では、東雁来地区の雨水拡充管の埋設工事は終了し、東苗穂地区は平成32年度までに雨水拡充管の埋設工事が終了する予定です。

同ポンプ場は、学校プール2つ分の水量を1分間で排出する処理能力があります。

説明会

指令室

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部札苗まちづくりセンター

〒007-0807 東区東苗穂7条2丁目2-30

電話番号:011-783-3608

ファクス番号:011-783-2271