• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース12月5日地域一丸!犯罪や火災を防ごう~「声かけあい、支えあう、安心安全なまちづくり区民協議会」防犯部会を開催

ここから本文です。

更新日:2018年12月6日

地区ニュース12月5日地域一丸!犯罪や火災を防ごう~「声かけあい、支えあう、安心安全なまちづくり区民協議会」防犯部会を開催

防犯部会の様子1

防犯部会の様子1

12月5日午後2時から、東区役所(東区北11条東7丁目)で、「声かけあい、支えあう、安心安全なまちづくり区民協議会」(会長:新木秀幸(あらき・ひでゆき))の防犯部会が開催された。

この防犯部会は昨今の犯罪発生状況などを認識し、住民と行政の連携・協働により、犯罪の発生を防ぎ、地域の安心安全なまちづくりを進めることを目的に開催されたもの。各地区連合町内会の防犯部など、約40人が出席した。

初めに西山靖(にしやま・きよし)防犯部会会長が開催のあいさつを述べた後、東警察署生活安全課の藤原(ふじわら)課長が、市内の犯罪発生状況と特殊詐欺について説明。はがきやメールによる架空請求については認知度が上がってきた一方で、封書を使った詐欺も発生していることや、オレオレ詐欺の件数も再び増加しているという最近の傾向が報告され、実際に届いたメールに関する参加者からの質問にも答えていた。また、警察が発信する「ほくとくん防犯メール」やツイッター等のアプリによる犯罪発生状況の速報もぜひ活用してほしいとの呼び掛けもあった。

続いて、札幌市市民文化局地域振興部区政課から「防犯カメラを活かしたまちづくりについて」というテーマで、防犯カメラ導入に関する注意点や費用などについての説明があった。市の防犯カメラ設置補助事業の申請状況についても報告があり、設置事例などが紹介された。

最後に、東消防署予防課防火推進係の西野(にしの)係長が東区の火災発生状況について報告。出火原因として上位にある放火について、件数は減少しているものの、ごみ出しのルールを守ることやマンション共有設備などの施錠を徹底することが大切であるとの対策方法が示された。さらに、「北海道胆振東部地震がもし、冬に起こったら」という想定での講話として、低体温症や車中泊に関する注意や日頃からの防災意識の重要性が説明され、参加者はメモをとりながら熱心に耳を傾けていた。

防犯部会の様子2

防犯部会の様子2

防犯部会の様子3

防犯部会の様子3

防犯部会の様子4

防犯部会の様子4

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2414