• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース12月3日目指せ共生社会!~「障害者週間」記念事業・街頭啓発

ここから本文です。

更新日:2018年12月3日

地区ニュース12月3日目指せ共生社会!~「障害者週間」記念事業・街頭啓発

街頭啓発の様子1

街頭啓発の様子1

12月3日午前10時から東区役所・東区民センター(東区北11条東7丁目)と地下鉄東区役所前駅周辺で、札幌市障害者週間記念事業実行委員会(実行委員長:浅香博文(あさか・ひろふみ))と東区が「障害者週間」記念事業の一つとして街頭啓発を行った。

「障害者週間」は広く障害者の福祉について関心と理解を深めるとともに、障害者が社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を高めることを目的として設定され、期間は毎年12月3日から12月9日までの1週間。この期間は、国、地方公共団体、関係団体が、さまざまな意識啓発の取り組みを展開している。初日の3日、東区で行われた街頭啓発では、実行委員と区職員が協力して、小規模作業所で製作したコースターやティッシュカバーなどの啓発品を配布した。東区マスコットキャラクターの「タッピー」も登場し、事業のPRに一役買っていた。

実行委員で自らも障害を持つ男性は「12月の札幌は寒いですが、障害者週間は全国的なもので、大切な活動です。今年はお天気に恵まれて良かったです」と語り、熱心に啓発品を配っていた。

期間中は全区で街頭啓発が行われるほか、実行委員による各区への表敬訪問など活発なPR活動が予定されている。

街頭啓発の様子2

街頭啓発の様子2

街頭啓発の様子3

街頭啓発の様子3

街頭啓発の様子4

街頭啓発の様子4

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区保健福祉部保健福祉課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2459