• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース9月3日世代を超えて楽しむおまつり~「栄西地区三世代交流のつどい」

ここから本文です。

更新日:2017年9月7日

地区ニュース9月3日世代を超えて楽しむおまつり~「栄西地区三世代交流のつどい」

三世代交流のつどいの様子1

三世代交流のつどいの様子1

9月3日、東区の栄42条会館・栄42条公園(東区北42条東4丁目)で、栄西地区の地域住民が主体となった異世代間の交流を深めるイベント「三世代交流のつどい~栄西ふれあいまつり」が催され、会場には約700人が訪れ、子どもからお年寄りまで幅広い年齢層でにぎわった。

このイベントは、栄西地区の連合町内会や福祉のまち推進センター、青少年育成委員会、老人クラブ、児童会館、民生委員児童委員連絡協議会など、地域の各種団体などで組織されるまちづくり協議会が、昔の遊びや食べ物などを通して家族の絆や世代間の交流を深めることを目的として開催しているもので、平成17年から続いている。

この日は、栄中学校太鼓部による和太鼓の演奏で祭りがスタート。一生懸命にたたく力強い太鼓の音が会場内に響き渡り、訪れた人たちから大きな拍手が送られた。

屋内外の会場には、世代を超えて楽しめるように工夫を凝らした遊びコーナーが設置。竹とんぼやけん玉といった昔遊びコーナーをはじめ、ペットボトルやひもなど、身近な材料で作られた手作りおもちゃコーナーでは、実際に触って遊ぶことができるロケットやからくり人形などが多く並び、子どもたちはその面白い動きに驚き、夢中になって遊んでいた。

昔の食べ物コーナーでは、日赤奉仕団栄西分団や町内会女性部が腕を振るい、おしるこやすいとんを来場者たちに振る舞った。太鼓を披露した中学生は「疲れた体にとてもうれしいです」と笑顔で話していた。

また、1歳10か月の幼児と参加した女性は、「初めてのおもちゃでたくさん遊べてとても楽しそうです。気持ちが高ぶって今夜はなかなか寝ないかもしれませんね」と笑顔で語り、祭りを存分に楽しんだ様子だった。

三世代交流のつどいの様子2

三世代交流のつどいの様子2

三世代交流のつどいの様子3

三世代交流のつどいの様子3

三世代交流のつどいの様子4

三世代交流のつどいの様子4

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2414