• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース8月19日みんなの音を奏でよう!~多世代交流音楽ワークショップ

ここから本文です。

更新日:2017年8月25日

地区ニュース8月19日みんなの音を奏でよう!~多世代交流音楽ワークショップ

20170819札幌国際芸術祭2017の鑑賞の様子

札幌国際芸術祭2017の鑑賞の様子

8月19日(土曜日)9時30分から、丘珠ひばり児童会館(東区北丘珠4条1丁目)で、東区多世代交流事業「多世代交流音楽ワークショップ」が開催された。

これは、多世代交流を通して、子どもから高齢者まで誰もが互いに尊重しながら暮らせる地域づくりを推進することを目的とし、東区が主催し、(公財)さっぽろ青少年女性活動協会の企画、運営により行われたもの。

まず、児童会館を利用する児童たち22人が、札幌国際芸術祭2017が開催されているモエレ沼公園(東区モエレ沼公園1-1)に移動し、ガラスのピラミッド内の展示を鑑賞。児童たちは、初めて見聞きする不思議な音や光の芸術作品に驚いたり、楽しんだり、さまざまな表情を見せていた。

鑑賞後は児童会館に戻り、児童たちに地域住民が加わった38人が、札幌大谷大学芸術学部音楽学科講師の小山隼平(こやま・じゅんぺい)氏と一緒に、持ち寄った物を使って音楽を作り上げるワークショップを行った。小山氏が「どんなものでも楽器になります」と参加者が持ち寄ったペットボトルや鍋、箸、スプーンなど使ってどんな音が出るかを実演。意外な音を奏でる物もあり、参加者から驚きや笑いの声が上がっていた。

その後は、グループに分かれいろいろなリズムで叩く練習を重ね、最後に「いろいろなリズムを組み合わせることで音楽ができます」と、ピアノの演奏に合わせて歩き回りながら好きなリズムで好きな音が出る物を叩き、参加者全員で一つの音楽を即興演奏し、会場は一体感のある音色に包まれた。

参加した児童たちは「いろいろな物を楽器として使うのが面白かった」「みんなで演奏した音楽がとても素敵な音色だった」と笑顔で満足気に話していた。

 

 

20170819ワークショップの様子1

ワークショップの様子1

20170819ワークショップの様子2

ワークショップの様子2

20170819ワークショップの様子3

ワークショップの様子3

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2414