• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース12月1日共同作業で高まる連帯感~第19回苗穂連町ふれあいもちつき大会開催

ここから本文です。

更新日:2019年12月2日

地区ニュース12月1日共同作業で高まる連帯感~第19回苗穂連町ふれあいもちつき大会開催

餅つき大会の様子1

餅つき大会の様子1

12月1日、苗穂・本町地区センター(東区本町2条7丁目)で第19回苗穂連町ふれあいもちつき大会が開催され、地域住民ら約300人が、つきたての餅を味わった。

この催しは、苗穂連合町内会(会長:八田勉(はった・つとむ))が主催し、食生活改善推進員協議会や、苗穂福祉ふれあいテンをはじめとする地域団体関係者の協力により、平成13年から開催されているもので、今回で19回目となる。

会場には、大きな臼が2台、小さな臼が1台、約50キログラムのもち米が準備され、陸上自衛隊苗穂分屯地の自衛官や地域の小学校教員、佐々木康之(ささき・やすゆき)東区長らも参加した。

地域住民たちが、「よいしょ!(ドシーン!)よいしょ!(ドシーン!)」とリズム良く杵を振り下ろすと、次々とつきたての餅が出来上がった

つきたての餅は、雑煮、あん餅、ごま餅、きなこ餅、大根おろし餅にして振る舞われ、参加者たちは好みの餅をおかわりするために列を作って並んでいた。

おいしい餅を味わった後は、子どもたちの餅つき体験が始まった。子どもたちは、「私もやってみたい!」「楽しい!」と大喜びで参加し、周りから「頑張れ!」「いいぞ、その調子!」などと声援を受け、元気いっぱいに杵を振り下ろしていた。

親子で参加していた女性は、「送迎バスも出してもらえるので、楽しみにしていました。餅をつくというのも今ではなかなかできないので、子どもたちに経験させてあげられたのはよかったです」と満足そうに話していた。

餅つき大会の様子2

餅つき大会の様子2

餅つき大会の様子3

餅つき大会の様子3

あいさつをする苗穂連合町内会の八田会長

あいさつをする苗穂連合町内会の八田会長

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2414