• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース7月31日学んで作ろう~子どものための料理教室&牛乳・乳製品工場見学を開催

ここから本文です。

更新日:2017年8月2日

地区ニュース7月31日学んで作ろう~子どものための料理教室&牛乳・乳製品工場見学を開催

見学の様子

見学の様子

7月31日(月曜日)、サッポロさとらんど(丘珠町584番地2)で、幼児とその保護者を対象とした「子どものための料理教室&牛乳・乳製品工場見学」が開催された。

これは、牛乳・乳製品工場見学で食品の生産過程を学び、実際の調理をとおして野菜と牛乳・乳製品をしっかり取ることや地産地消、環境に配慮した食生活への理解を深めることを目的に東区食育推進ネットワークが主催したもの。

この日参加したのは、事前に応募のあった就学前の幼児とその保護者の11組。

最初に、参加者らは、さとらんどの敷地に隣接するサツラクミルクの郷(さと)(丘珠町573番地27)へ向かい、体験牧場の「牛の館」では牛の搾乳についての説明を聞き、本物の牛が餌を食べる姿を見学した。続いて「ミルク館」では運ばれた生乳がミルクになるまでの充填工程を見学。普段、目にする牛乳パックがベルトコンベヤーで運ばれる様子などを興味深そうに見つめていた。

見学後、エプロン姿に着替えた参加者が作ったのは、鮭フレークとサラダ菜、チーズを挟んだ「おにぎらず」と、バナナと牛乳、レモン汁で作る「バナナラッシー」の2品。

講師から料理レシピの説明後、各グループに分かれて調理を開始。子どもたちは、ご飯の上に鮭フレークなどの具材が盛り付けられた海苔を形よくたたんだり、包丁を握り「これでいいの?」と親に確認をしながらバナナを慎重に切ったりと真剣な表情を見せていた。

完成後の試食では、「もっと飲みたい」とおかわりをねだる子どもや、「帰ってからもう一度作ってみようね」と話すなど、参加者は出来栄えを満足そうに話していた。

料理教室の様子1

料理教室の様子1

料理教室の様子2

料理教室の様子2

料理教室の様子3

料理教室の様子3

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2414