• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース7月21日筝と日本舞踊が織り成す和の世界~「東区民センターロビーコンサート・カルチャーナイト特別版」開催

ここから本文です。

更新日:2017年8月2日

地区ニュース7月21日筝と日本舞踊が織り成す和の世界~「東区民センターロビーコンサート・カルチャーナイト特別版」開催

ロビーコンサートの様子1

ロビーコンサートの様子1

7月21日(金曜日)午後6時30分から、東区民センター(東区北11条東7丁目)1階ロビーで、東区役所・東区民センター共催による「東区民センターロビーコンサート・カルチャーナイト特別版」が開催された。

ロビーコンサートは、毎月第3月曜日の午後0時15分から東区民センターで開催されており、さまざまなジャンルの生演奏を聴くことができる。148回目の開催となった今回は、公共施設や民間施設などが夜間開放される「カルチャーナイト」に合わせて実施され、複数の団体が出演する「特別版」。会場には、毎回コンサートを楽しみにしている区民や親子連れなど幅広い世代の人たちが来場した。

この日は、筝(そう)を奏でる「和(なごみ)の会」と日本舞踊の「西川流 之恵(ゆきえ)の会」が出演。和みの会は、「じょんから変奏」「さくら変奏曲」といった耳なじみのある曲を優雅な音色で演奏。筝の響きに合わせて、之恵の会のメンバーがあでやかな日本舞踊を披露すると、観客から大きな拍手が送られていた。

また、「花嫁人形」「桃太郎」「証城寺の狸囃子」の童謡メドレーでは、之恵の会で稽古をする3歳から11歳までの子どもたちが出演。観客たちは、懸命に舞う子どもたちに目を細めており、アンコール曲の「とおりゃんせ」が始まると、会場全体に大きな手拍子や掛け声が広がり、出演者と観客が一体となって楽しむ姿が見られた。

コンサートを毎回楽しみにしている男性は、「筝の音色は素晴らしく、子どもたちの姿がかわいらしかった。曲ごとに筝を変える場面も見ることができたのは貴重だった」と満足そうに話していた。

 

ロビーコンサートの様子2

ロビーコンサートの様子2

ロビーコンサートの様子3

ロビーコンサートの様子3

ロビーコンサートの様子4

ロビーコンサートの様子4

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2414