• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース6月27日教科書では学べない貴重な体験~「教えて!ファイヤーマン」開催

ここから本文です。

更新日:2017年6月29日

地区ニュース6月27日教科書では学べない貴重な体験~「教えて!ファイヤーマン」開催

119番通報体験20170627

119番通報体験

6月27日(火曜日)午前10時45分から、栄南小学校(東区北37条東20丁目 荒井亮子(あらい・りょうこ)校長、児童数527人)で、防火・防災に関する体験型出前授業「教えて!ファイヤーマン」が開催された。

これは、市消防職員が講師となり、通報・避難・初期消火などの災害発生時の対応や防火・防災の基礎を身に付けてもらうことを目的に、市内の小学校4年生を対象に行っているもの。例年、市内約200校で実施され、東区内では今年度初めての開催となる。

この日は、4年生の3クラス90人の児童が参加し、119番通報模擬体験、AEDの紹介、消防の仕事や装備品の紹介、人工的に発生させた煙からの避難体験などが行われた。

始めに消防職員から「今日は消防士の仕事と災害の時の行動を覚えてください」とあいさつがあり、児童たちは「はい」と元気に返事をして、授業がスタートした。

119番通報模擬体験は、スライドに映し出された現場のイラストを見て状況を通報装置で通報。体験した児童たちは、オペレーターからの質問にイラストからわかる情報を正確に通報していた。

AEDの紹介では、AEDが学校のどこに設置されているか確認したあと、消防職員のデモンストレーションが行われ、消防職員の現場さながらの動きに児童たちは「すごーい」と声を上げ大きな拍手を送っていた。

貴重な体験を終えて、児童の一人は「火事などの災害の時には、今日教えてもらったことを実践したい」と話していた。

 

 

AEDの紹介20170627

AEDの紹介

煙の中からの避難体験20170627

煙の中からの避難体験

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2414