• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース5月31日おいしいお米が実りますように~開成小児童が田植え体験

ここから本文です。

更新日:2017年6月2日

地区ニュース5月31日おいしいお米が実りますように~開成小児童が田植え体験

植え方を教わる児童

植え方を教わる児童

5月31日(水曜日)、札幌市立開成小学校(東区北21条東21丁目、中村義則(なかむら・よしのり)校長、児童数552人)の5年生児童84人が、サッポロさとらんど(丘珠町584番地2)の体験水田で田植えを行った。

これは、総合学習の一環として行われ、田植えや稲刈りの作業を実際に体験し、稲作について学ぶもの。

はじめに、さとらんどの職員から苗作りや水田の準備についての説明があり、「今回、皆さんに植えてもらうのは「白鳥もち」という品種のもち米です。風に飛ばされないようにしっかりと植えてください」とあいさつ。

裸足になった児童たちは、一人35株ずつ苗を受け取り「苗は鉛筆のように持ちます」などと植え方のコツを教わった後、二手に分かれ一斉に田植えを開始した。初めは水田に入ることをためらう様子も見られたが、いざ足を入れると「気持ちいい」などと泥の感触を楽しみながら、丁寧に苗を植え込んでいった。

田植えを終えた児童たちは「楽しかった」「大人になってもできない良い体験だった」などと生き生きとした表情で感想を述べ、さとらんどの職員から「この苗は無農薬で育てます。水生昆虫も多くいます。夏の花が咲くころに、稲の成長の様子を見に来てください」との呼び掛けに、元気良く「はい」と答えていた。

今回植えられた苗は、9月に児童たちの手で刈り取られることになっている。

 

 

田植えの様子1

田植えの様子1

田植えの様子2

田植えの様子2

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2414