• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース10月23日スポーツの秋!東区の秋の風物詩~ひがしく健康・スポーツまつり2016~

ここから本文です。

更新日:2016年10月25日

地区ニュース10月23日スポーツの秋!東区の秋の風物詩~ひがしく健康・スポーツまつり2016~

オープニング1

オープニング

23日(日曜日)、つどーむ(栄町885番地)で「ひがしく健康・スポーツまつり2016」が開催され、東区民ら延べ約3,600人がさまざまなプログラムを通して健康と体を動かすことの大切さや楽しさを学んだ。

この催しは、「東区民の健康に対する意識を高め、健康のための食習慣及び運動習慣を身につけるきっかけ作りの場の提供」を目的に、東区連合町内会連絡協議会と東区役所、(一財)さっぽろ健康スポーツ財団の共催により開催されたもので、今年で2回目。

札幌モエレ新体操クラブによるオープニングアトラクションでイベントがスタート。この日はあいにくの小雨で、2Kmのウオーキングは、まず、北海道体育大学校によるウオーキングミニ講座で「姿勢を意識しながら歩幅を大きく、少し速めに歩きましょう」とポイントを学んだ後、屋内アリーナ2階のランニングコースを歩いた。参加した女性は、「歩く前は寒かったけれど体が暖かくなりました」「室内になって残念ですが、いい運動になりました」と話していた。

会場では、全国ラジオ体操連盟理事長の青山敏彦(あおやま・としひこ)さんとNHKテレビ・ラジオ体操アシスタントの五日市祐子(いつかいち・ゆうこ)さんが指導するラジオ体操講習会や元コンサドーレ札幌の曽田雄志(そだ・ゆうし)さんと北海道体育大学校の学生と一緒にできるフットサルが行われたほか、区内の各団体・教育機関による企画が多数あり、子どもからお年寄りまで、会場内さまざまな場所で催されるプログラムを楽しんでいた。

また、ステージでは、札幌市の若者のまちづくり参加促進大使のアイドルグループ「ミルクス本物」による、歌やダンスのパフォーマンスや、野菜の働きや朝食の大切さを学ぶ「食育○×クイズ大会」などが行われ、会場は大いに盛り上がった。

後半は、420人参加のパン食い競争や、大きな輪になって踊る東区音頭、東区ゆかりの商品などが当たる大抽選会が行われ、最後にタマネギが配られると、区民らはイベントを存分に満喫した様子で会場を後にしていた。

 

ウオーキング

ウオーキング

ラジオ体操講習会

ラジオ体操講習会

フットサル

フットサル

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部地域振興課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2429