• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 施設案内 > まちづくりセンター > 苗穂東まちづくりセンター > 夏だ!祭りだ!ザ・2011レインボーサマーフェスティバル(8月6日~8月7日)

ここから本文です。

更新日:2011年6月17日

夏だ!祭りだ!ザ・2011レインボーサマーフェスティバル(8月6日~8月7日)

ザ・2011レインボーサマーフェスティバル

今回は、苗穂連町最大のイベントである「ザ・2011レインボーサマーフェスティバル」についてお知らせします!画像も下の関連リンクに満載です!見終わる時には、まるでそこにいたかのような錯覚におちいること間違いなし!!覚悟してご覧ください!!

このお祭りは、連町行事ではありますが、レインボー街路灯組合が協賛し、さらに地区子連やふれあいテン、青少年育成委員会、健康づくり運営委員会など、様々な地区に係る方々や自衛隊、東清掃事務所や区社協も参加し、まさにこのイベントを盛り上げるために、最大限の協力体制で行われているもので、今回で16回目となるものです。

さて、まずは事前の準備から…そもそもこのお祭りは、公園の占用や保健所の許可などの手続きから、食材などの仕入れ、資材の準備など当日に向けた万全な準備を、八田副会長の陣頭指揮のもと春から行ってきています。

近年、この準備から当日の運営や後日の撤収に至るまで、関わっている方々が固定化しているため、年々高齢化してきて、負担も増えてきて、段々と大変になってきているんです。

でも、苗穂連町は、業者にお願いして楽になる道を選ばず、何とか自分たちで手づくりで行うことへのこだわりを持って取り組んできました。頭が下がります。

そこで、昨年から皆が「楽に楽しく参加できる」お祭りにするため、地域の皆さんによる「楽楽ワークショップ」で議論を重ねて、小チーム体制による役割分担や、新しくお手伝いしていただける方々もわかりやすいようにマニュアルづくりにも取り組んできたんです!!本当にすばらしい!!

現場では、4日にテントの配置位置を決めるスミ出しやごみステーションの設置が行われ、前日の5日に本格的な会場設営に入ります。

それぞれが役割分担のもと、小チームリーダーの指示によりテキパキと正確かつ効率的に流れ作業のように仕事が進んでいきます。テント張り、電気設備、ステージ組立、調理場セット、やぐら組立などが、なんと午前中でほぼ完了という、とても素人とは思えない手際よさです!!

さて、初日の6日当日は、朝からおでんや焼きそばの下ごしらえが始まっています。調理場ではじめていたらとても間に合わないからだそうです。さすが長年の経験に基づく知恵ですね。

また、現場では既にフリーマーケットの受付・設営が始まり、地区子連がちびっこ広場をオープンさせました。ここは、東栄中学校の女子バレー部2年生がお手伝いをしてくれているんです!!みんな一緒にテントを張ったり、子供たちのお世話をしたり、また自分たちも存分に楽しんで、ボランティア活動の楽しさや達成感を感じているんです。生きた体験学習ですね!!

あっという間に親子が集まってきて、思い思いの遊びを楽しんでいます。この広場にある遊び道具もほとんど手づくりなんですよ!!苗穂児童会館の皆さんも来てくれました!!

さて、いよいよ出店のオープンが間近となり、ピーカンの天気ともあわさって、人がどんどん増えてきました。早速金券も売れ始めましたよ。店や調理場のスタッフやテーブル・イス設置などの会場整理も臨戦体制です。調理場がにわかに活気づき(殺気立ち?)、いいにおいと煙が立ち込め出しました。お客さんも、鼻ヒクヒクで早くも集まってきています。どう見たっておいしそうでしょ!これは!!

ふれあいテンや東清掃事務所でもお客さんがひっきりなしです。調理場も追加注文の連続で休む暇もありません!!

ステージではいよいよパフォーマンスが始まり、子どもゲーム、子ども盆踊りも始まりました。タッピーも大活躍です!!暑いのに大変だったと思います。お疲れ様です!!

今年は、子ども盆踊りのテープがうまく流れなくて、踊りなしで終わってしまいましたが、せっかく楽しみに集まってくれた子どもたちには、ちゃんと記念品が渡されました。子どもたちも残念そうでしたが、最後には笑顔でしたよ!明日また着てね!!そして今日の分のあわせていっぱい踊ろうね!

このとき、会場管理チームの皆さんが、子どもたちへの記念品配りがスムーズにいくよう、ちゃんと整理していました。目だ立たなくても、しっかりと支えているんですね!!

次にフォークダンスサークル「すずらん」さんによるダンスです。途中で夕立のような雨も降ってきましたが、皆さんとても若々しく楽しそうに、やる気満々で、最後まで踊り切りました!!会場方も拍手喝采です!

そんな楽しいお祭りも、実は交通安全に気を配っていた方々が、たくさんいらっしゃったのを皆さん知っていましたか?交差点での歩行者・自転車などの横断や、周辺道路への車の進入、さらには会場への歩行者・自転車などの入場など、本当に目が離せない状況の中、しっかりと守ってくださっていました。交通安全担当の皆さん!!ありがとう!!

さて、お祭りも佳境に入り、いよいよクライマックスに向けて、湯浅会長からの開会宣言と、岡村東区長からの挨拶により、開会式がなされました。

カラオケ大会では、ナント!高橋地域振興担当部長が十八番の「兄弟船」を熱唱!!会場からの大喝采でした!!さすが東区を代表するエンターテイナーです!!区長も大喜びでした!

最後に東区音頭も行われ、先ほどの子ども盆踊りで腕を見せられなかった打ち手の方も、大張りきりでドンドンドンドン!!いつもにも増して見事なバチさばきでした!!

夜も更け、初日も無事に終わり、皆が帰宅するころ、会場では深夜から早朝にかけての警備が引き継がれました。警備会社の皆さんも寝ずの警備です。お疲れ様です!!

2日目も朝からピーカンの天気です。初日同様に気合が入っています!!

さらに、今回は平取町の皆さんが、「山村と都市の交流促進による地域振興」を図るために、2日目にテントを張って広報活動をされました。アンケートに答えて、新鮮な地元のトマトをもらって皆さん大喜びでしたよ!

この日の企画PRで、2件もツアーが組まれたそうです。お互い、「まちおこし」と「まちづくり」の共通点が共感を呼んで、成果が上がったんだと思います。よかったですね!これからも平取町をよろしく!!

一方で、子供たちがシャボン玉で和やかに遊んでいます。外国の家族もいらっしゃって、一緒に楽しんでくれました。子どもの楽しそうな姿は、とても微笑ましく、平和であることを実感できるひと時でした。子供の笑顔は万国共通で幸せを呼ぶんですね!!

そしていよいよ子ども盆踊りです!!昨日踊れなかった分、子どもたちはとても楽しみに張り切っていました!!タッピーも大活躍です。「ちゃ~んこちゃんこちゃんこちゃちゃ~んこちゃん。て~びょうしそ~ろえて、ちゃちゃんこちゃん。」バチさばきもさすがです!私の体もうずき出しましたよ!

初日同様、フラダンス、民謡、歌謡バンド「ヴィーナス」、よさこいソーラン「北海あほんだら」など様々な催しが行われる中、涼しくなってくるとともに、お客さんが待ちかねたようにどっと押し寄せてきました。調理場もてんてこ舞いです。皆さんやっぱり年に一度のこのお祭りを、楽しみにしていたんです!!16回もの歴史を積み重ね、地域にしっかりと根付いたお祭りとなっていったんですね!!

おとな盆踊りでしめた後、川東副会長による閉会宣言で一旦のお祭り終了となりました…が、実はここから、参加者もスタッフもお楽しみの抽選会が始まったのです!!約1時間30分もかけて230組以上の当選者が発表されました。皆さん本当にハラハラドキドキで喜んでいました。総参加者数約5,000人、スタッフ数のべ約760人の一大イベントでしたが、ここまで終えて、ようやっとスタッフも安堵することになったのです。本当にお疲れ様でした。

さぁ、8月8日は最後に撤収作業です。宴のあとの余韻が残された会場で、地域の皆さんが、当たり前のように準備作業の巻き戻しのように、淡々と、でも確実に撤収・後片付けが進んでいき、無事作業が終わりました。本当に皆さん、やり遂げた誇らしい姿で帰途についたのです。

今回、昨年度の「楽楽ワークショップ」で議論された小チーム体制やマニュアルづくりに、少しでも取組むことでができて、よかったところも、まだまだ不十分なところも色々あったようです。少しずつ一歩一歩着実に進めながら、改善されていくことでしょう。来年はもっと「楽に楽しく参加できる」祭になっていること間違いなし!!皆さんの笑顔が楽しみです!

下の関連リンクには写真がいっぱい!!クリックしてみてくださいね!!

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部苗穂東まちづくりセンター

〒065-0043 札幌市東区苗穂町3丁目3-45

電話番号:011-742-4427

ファクス番号:011-743-0922