• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 施設案内 > まちづくりセンター > 転倒予防教室に北海道医療大学の学生さんが来てくれました

ここから本文です。

更新日:2016年10月25日

転倒予防教室に北海道医療大学の学生さんが来てくれました

考える風船バレー

風船バレーゲームで頭と体を使います

10月25日(火曜日)午前10時から北栄会館において東区介護予防センター北栄主催の転倒予防教室で運動機能測定が行われ、町内の方18名が参加されました。

今回は転倒予防教室の講師をされている北海道医療大学の鈴木英樹教授の授業(地域理学療法演習)として行われました。

18名の北海道医療大学の学生さんが、参加された方と一対一で5つの運動機能測定とロコモ25のチェックを行いました。「ロコモ」とは筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板等の運動器のいずれか、あるいは複数に障害が起こり、「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態をいいます。

最後に学生さんが企画した「考える風船バレー」を行いました。野菜・果物等の名称を言って地面に落とさずに風船を打ち上げます。皆さんは頭と体の両方を使うゲームを楽しんでいました。2世代の交流にもなり町内の皆さんはとてもうれしそうでした。

運動機能測定の様子

学生さんが親切に教えてくれます

運動機能測定

5つの運動機能測定をしました

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部北栄まちづくりセンター

〒065-0023 札幌市東区北23条東8丁目2番6号 丸信ワタナベビル1階

電話番号:011-721-6336

ファクス番号:011-721-8601