ホーム > くらし・手続き > 水道・下水道 > 下水道 > お問い合わせ・手続き > 「マンホール内水位の遠方監視技術に関する研究」の共同研究者の募集について

ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

「マンホール内水位の遠方監視技術に関する研究」の共同研究者の募集について(公募は終了しました)

共同研究者の選定結果

 平成31年2月28日(木曜日)に開催した共同研究審査会において審査を行った結果、応募者4者を共同研究者として選定しました。

○協業組合公清企業、株式会社明電舎、北海道オフィス・システム株式会社

○株式会社日立製作所

○株式会社みどり工学研究所、ペンタフ株式会社

○パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社 北海道社、エコモット株式会社

共同研究の課題名

 マンホール内水位の遠方監視技術に関する研究

共同研究の目的 

 マンホールや管きょ内の水位の遠方監視技術は、民間企業を中心に、ICT(情報通信技術)の発展と共に開発が進んでいます。しかしながら、札幌市は積雪寒冷地であるため、これらの技術を導入する際は、低温によるバッテリー等の電圧低下、降雪や積雪による無線通信機能の性能低下、積雪や低温環境による維持管理等の作業効率低下が懸念されます。

 そこで、積雪寒冷地の特殊な環境下にも適応可能なマンホール内水位の遠方監視技術について、共同で調査・研究することを目的としています。

共同研究募集要項等

共同研究募集要項(PDF:182KB)

公募型共同研究申請書(様式1)(ワード:30KB)

質問書(様式2)(ワード:34KB)

下水道技術に関する共同研究の審査結果通知書(様式3)(PDF:36KB)

共同研究者評価項目(別紙)(PDF:71KB)

札幌市下水道技術に関する共同研究等実施要綱(参考)(PDF:81KB)

応募に係る書類の提出について

応募者は下記の書類を提出してください。

  1. 公募型共同研究申請書(様式1)
  2. 共同研究実施計画書       製本1部・電子データ1式(CDもしくはDVDで提出)

提出期限は、2019年2月6日(水曜日)17時00分まで(必着)とします。

※ 公募は終了しました。

本研究に関する質問について

 様式2により、2019年1月30日(水曜日)17時00分まで(必着)に提出してください。提出方法は書面(持参、郵送もしくはファクシミリ)及び電子メールとします。

 なお、回答については、原則3営業日以内に行います。質問の提出日から3営業日を過ぎても回答がない場合は、担当部署までご確認願います。

 提出された質問については、質問者に対して個別に回答しますが、広く公開すべきと判断した質問及び回答については、本ホームページにて随時掲載します。

 

担当部署

〒062-8570 札幌市豊平区豊平6条3丁目2-1 札幌市下水道河川局庁舎3階

札幌市下水道河川局事業推進部下水道計画課

TEL 011-818-3441

FAX 011-812-5203

E-mail ge.keikaku@city.sapporo.jp

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市下水道河川局経営管理部経営企画課

〒062-8570 札幌市豊平区豊平6条3丁目2-1

電話番号:011-818-3452

ファクス番号:011-812-5203