ここから本文です。

更新日:2018年6月21日

指定医療機関に関すること

 医療費助成を受けることができる医療機関等は、都道府県知事(平成30年4月以降は政令市長を含む)が指定した指定医療機関に限定されます。

 指定難病に係る指定医療機関は、北海道知事が認定していましたが、札幌市内の医療機関については、平成30年4月以降は札幌市長が指定します。

 市内指定医療機関を対象に、権限移譲に関わる通知を送付しております。

 「難病の患者に対する医療等に関する法律」に基づく医療費助成制度(特定医療費)の北海道から札幌市への権限移譲について(PDF:213KB)

指定医療機関リスト

 指定医療機関リスト(平成30年6月21日公表分)(エクセル:174KB)

 指定医療機関リスト(平成30年6月21日公表分)(PDF:1,715KB)

 北海道の指定医療機関リストは北海道のホームページに掲載されておりますので、そちらをご覧ください。
 なお、小児慢性特定疾病の指定医療機関は、小児慢性特定疾病のページをご覧ください。

指定医療機関について(医療機関の皆様へ)

指定医療機関(指定難病)の要件

◎以下の医療機関であること。

  • 保険医療機関
  • 保険薬局
  • 健康保険法に規定する指定訪問看護事業者
  • 介護保険法に規定する指定介護予防サービス事業者(訪問看護事業者に限る)
  • 介護保険法に規定する指定介護予防サービス事業者(介護予防訪問看護事業者に限る)

◎難病法第14条第2項で定める欠落事項に該当していないこと。

 ※認定から6年ごとに更新の申請が必要になります。

指定医療機関の申請方法(医療機関の皆様へ)

 札幌市内の医療機関を主たる勤務先とする医師におかれましては、下記の書類を提出してください。

 提出先は、平成30年3月31日までは北海道保健福祉部健康安全局地域保健課で、4月1日以降は札幌市保健福祉局保健所健康企画課となります。

区分

必要書類

新規に申請するとき

指定医療機関指定申請書(ワード:33KB)

指定を更新するとき 指定医療機関更新申請書(ワード:35KB)
申請事項に変更があったとき 指定医療機関変更届出書(ワード:31KB)
指定を辞退するとき 申出者、申出年月日、辞退日と辞退理由(例:平成○○年○月○日付けで薬局廃止のため)を記載した任意様式

 

自己負担上限額管理票について(医療機関の皆様へ)

 毎月の自己負担上限額の管理のため、指定医療機関におかれましては、窓口にて自己負担上限額管理票を記載していただく必要があります。

 記載方法につきましては、特定医療費に係る自己負担上限額管理票等の記載方法について(指定医療機関用)(PDF:1,179KB)をご覧ください。

 また、北海道から札幌市への権限移譲に伴い、札幌市にお住まいの患者様につきましては、受給者証と自己負担上限額管理票の様式を変更しました。詳しくは下記の様式をご覧ください。

指定医療機関に関するQ&A(医療機関の皆様へ)

 指定医療機関の方からよくあるお問い合わせや、北海道から札幌市への権限移譲に伴う留意点等をQ&A方式でまとめています。

指定医療機関向けQ&A(PDF:120KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所健康企画課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5153

ファクス番号:011-622-7223