ホーム > 健康・福祉・子育て > 医療 > その他の福祉制度

ここから本文です。

更新日:2016年3月7日

その他の福祉制度

身体障害者手帳

 身体障害者福祉法に基づくものです。
 それぞれの科目の指定医の診断書、意見書が必要です。
 視覚障がい、聴覚障がい、平衡機能障がい、音声言語・そしゃく機能の障がい、肢体不自由、内部障がい(心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこうまたは直腸、小腸、免疫機能の各障がい)に分かれています。
 障がい程度に応じて、国や札幌市の福祉制度の利用、公共料金の割引、税金の控除など、いろいろな助成制度を利用することができます。

  詳しくは各区役所保健福祉課へ。 この他に精神障害者保健福祉手帳や療育手帳の制度があります。

小児慢性特定疾患関連事業

治療研究事業

 慢性の心臓疾患等のように長期の療養を必要とし、さらに医療費の負担が大きい疾患に対して、治療研究を推進し医療費負担の軽減を行う制度です。18歳未満(20歳に到達するまで延長可)で下記の疾患群の児童等が対象となります。
 所得に応じた自己負担があります。

 

対 象 疾 患

悪性新生物

先天性代謝異常

慢性腎疾患

血液疾患

慢性呼吸器疾患

免疫疾患

慢性心疾患

神経・筋疾患

内分泌疾患

慢性消化器疾患

膠原病

染色体又は

遺伝子に変化を伴う症候群 

糖尿病 皮膚疾患

日常生活用具給付事業

 小児慢性特定疾患治療研究事業の対象となり、身体障害者福祉法などの他制度を利用できない方に対し、在宅での療養生活を支援するため、身体の状況に応じ日常生活に必要な用具を給付します。
 所得に応じた自己負担があります。

療育相談指導事業 

 慢性疾患にかかっていることにより長期療養を必要としているお子さんやそのご家族に対し、保健センターの保健師等が、日常生活上の悩みや不安などについての相談や助言を行います。

詳しくは各区保健センター

このページの先頭へ

自立支援医療

更正医療 

 身体障害者手帳をお持ちの18歳以上の方に対して、障がいを軽減または除去するために必要な医療を給付する制度です。
 所得に応じた自己負担があります。

詳しくは各区役所保健福祉課

育成医療

 手術などにより生活能力を回復できる可能性のある障がいをもつ、またはその可能性のある18 歳未満の児童に対して、必要な医療の給付を指定医療機関において行う制度です。所得制限があり、また所得に応じた自己負担があります。

詳しくは各区保健センター

重度心身障がい者医療費助成

 心身に重度の障がいをもつ方が対象で、(1)身体障害者手帳の1~3級(ただし、3級にあっては、心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう・直腸小腸、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫または肝臓の機能障害に限る)をお持ちの方、(2)知的障がいのある方で、療育手帳「A」または「重度」と判定 (診断)された方、(3)精神障害者保健福祉手帳の1級を受けている方の医療費((3)については入院を除く)のうち、保険診療の自己負担の一部を助成する制度です。所得制限があります。

詳しくは各区役所保健福祉課

このページの先頭へ

障害年金

 病気やケガで障がいが残ったとき、あるいは生まれつき障がいがある場合など、一定の条件(年齢・納付要件・障がいの程度等)を満たしていると障害年金が請求できます。障害年金には、国民年金の障害基礎年金と厚生(共済)年金の障害厚生年金(障害共済年金)があります。

国民年金の相談は各区役所保険年金課へ
<ただし、初診日が第3号被保険者(サラリーマンの妻など)の期間にある場合は、社会保険事務所へ。>
厚生年金は社会保険事務所へ
共済年金は各共済組合へ

特別障害者手当

 身体または精神に著しく重度の障がい(国民年金1 級程度の障がいが重複するなど)があり、日常生活で常に特別の介護が必要な状態にある20歳以上の在宅の方に支給される手当です。所得制限があります。
月額26,000 円 (平成27年4月1日現在)

詳しくは各区役所保健福祉課

このページの先頭へ

特別児童扶養手当

 身体または精神に重度または中度の障がい がある20 歳未満の児童を養育する父母などに支給される手当です。所得制限があります。
1 級(重度)月額51,100 円、2 級(中度)月額34,030 円 (平成27年4月1日現在)

詳しくは各区役所保健福祉課

障害児福祉手当

 日常生活で常に介護を必要とする程度の障がいがある20 歳未満の在宅の重度障がい児に支給される手当です。所得制限があります。月額14,480円 (平成27年4月1日現在)

詳しくは各区役所保健福祉課

児童扶養手当

 父または母が国民年金1 級程度の重度障がいを持つ家庭(障害基礎年金の「子の加算」を受給している場合を除く)や、父または母の離婚などにより、父または母と生計を同じくしていない児童(18歳到達日の年度末まで。一定の障がいがある場合は20歳到達日まで)を養育しているひとり親家庭等に支給される手当です。所得制限があります。

※公的年金等との併給制限がありますが、平成26年12月から変更されます。

詳しくは各区役所保健福祉課

生活保護

 病気や障がいが原因で収入が減るなどして、生活が困難になった場合に申請できます。

詳しくは各区役所保護課へ

就労

公共職業安定所(ハローワーク)

 障がいのある方のために、専門の相談窓口が設けられていて、職業相談や仕事の紹介を行っています。

 ハローワーク札幌(中央区・南区・西区・手稲区)  電話011-562-0101

 ハローワーク札幌東(白石区・厚別区・豊平区・清田区) 電話011-853-0101

 ハローワーク札幌北(北区・東区) 電話011-743-8609 

北海道障害者職業センター 

 障がいのある方(手帳の有無は問いません)に対して、公共職業安定所(ハローワーク)や、地域の医療・福祉機関等と協力して、職業相談・評価を通じて策定した職業リハビリテーション計画(支援計画)に基づき、就職前の支援から、就職後の職場適応、休職した際の職場復帰のための援助を行います。また、事業主に対して、障がい者の雇用管理に関する助言とその他の支援を行っています。
 電話 011-747- 8231 (札幌サンプラザ5F)

国立北海道障害者職業能力開発校(砂川市) 

 障がいのある方が、就職に必要な知識・技能・技術を習得するための職業訓練を行っています。
 電話 0125-52-2774

国立函館視力障害センター

 視覚に障がいのある方々に対して、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の国家資格の取得を目指した理療教育や歩行訓練、日常生活訓練などの自立訓練を行っています。
 電話 0138-59-2751

このページの先頭へ

教育

 子供たちが入院治療を続けながら教育を受けることができるように、特別支援学校や院内学級があります。

●山の手養護学校(小、中、高等部を設置 電話 011-611-7934)

●東米里小・中学校ひまわり分校(市立札幌病院内に設置 電話 011-726-9776)

●平岸西小学校院内学級(JCHO北海道病院内に設置 電話 011-812-1656)

●幌北小学校・北辰中学校院内学級(北大病院内に設置 電話 011-716-5633)

福祉用具給付・住宅改修費支給

 車いすやつえなどの移動・移乗支援用具、入浴補助用具の購入や、手すりの取り付けなどの住宅改修工事やその他日常生活に必要な用具が介護保険や障害者総合支援法の対象となる場合があります。

詳しくは各区役所保健福祉課

その他

 病名や障がいの程度、年齢などによってご利用いただけるサービスが異なりますので、お住まいの区役所保健福祉課に御相談ください。

 身体障がい者あんしんコール

 おむつの給付

 訪問生活動作指導

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所健康企画課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5151

ファクス番号:011-622-7221