ここから本文です。

更新日:2017年9月6日

札幌市がん対策推進プランに関連する事業

平成29年3月に策定した札幌市がん対策推進プランに基づき、以下のとおり事業を推進いたします。

 がん予防

早期発見・早期治療

札幌市がん検診 

札幌市内にお住まいで、職場検診等で受診の機会がない方を対象に、がん検診を実施しています。

札幌市がん検診の詳細についてはこちらをクリックしてください

がん患者及びその家族等への支援

準備中

がんに関する正しい知識の普及啓発

がん検診受診促進キャンペーン事業

市民に「がんに関する正しい知識」を普及啓発し、がん検診の受診を促進することにより、札幌市民のがん検診受診率を向上させることを目的として、がん検診受診促進キャンペーン事業を実施します。

がん検診受診促進キャンペーン事業の詳細についてはこちらをクリックしてください

札幌市がん対策普及啓発キャンペーン実行委員会

市民が、がんに関する正しい知識に基づくがん予防・早期発見に取り組むこと、及び事業所が、札幌市の推奨するがん対策に取り組むことを目的とし、キャンペーン事業を実施します。

〇構成団体 ※五十音順

一般社団法人 札幌市医師会、(株)北海道新聞社、公益財団法人北海道対がん協会、公益財団法人北海道労働保険管理協会、札幌市、独立行政法人国立病院機構北海道がんセンター、北海道がん患者連絡会、北海道文化放送(株)

9月:各構成団体のがんに関する取組(PDF:147KB)

〇実施協力企業・団体 ※五十音順

アフラック、公益財団法人結核予防会、第一生命保険(株)、中外製薬(株)、東京海上日動火災保険(株)、凸版印刷(株)、ファイザー(株)、北海道キリンビバレッジ(株)

未来を守ろうプロジェクト~これからの自分のために「今」できること~

子宮頸がんは、20代から30代の女性が患うがんの中で、最も多いがんです。若い世代の子宮頸がんに対する関心を高めるため、平成26年度~平成28年度まで「子宮頸がんに関する普及啓発プロジェクト実行委員会」を立ち上げ活動を行ってきました。

平成29年度以降は、子宮頸がんに関する普及啓発を行う学生団体として、活動を継続していきます。

実際に行う啓発活動は、学生が考えたネーミングである「未来を守ろうプロジェクト」として、大学生が中心となり若い世代に向けた情報発信をしていきます。活動に参加する学生を随時募集しています。

 ⇒未来を守ろうプロジェクト」の詳細についてはこちらをクリックしてください

企業・団体等との取組

 札幌市ではがん対策推進を含め、市民一人ひとりが健康づくりに取り組みやすい環境を整備することを目的として、企業・団体等との取組を強化しています。

 企業・団体等との取組

 〇その他企業・団体等の取組 ※クリックすると外部ページに飛びます。

がん教育

札幌市がん経験者派遣体制構築事業

  札幌市では「札幌市がん対策推進プラン」に基づくがん対策を推進するため、がん罹患者やその家族など、実際にがんを経験した方を、教育機関、市民及び企業等に派遣可能な体制を構築する「札幌市がん経験者派遣体制構築事業」を実施する事業者を募集しています。(募集は終了いたしました。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所健康企画課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5151  内線:318

ファクス番号:011-622-7221