ここから本文です。

更新日:2019年5月17日

風しんについて

最新週:第19週(5月6日~5月12日)

第19週は、患者報告はありませんでした。

札幌市では2019年は風しん患者を6名確認しております。2018年は風しん患者を15名確認しました。
現在、例年と比較し、関東地方を中心(特に、東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県)に風しんの届出数が大幅に増加しております。厚生労働省及び札幌市保健所では注意喚起を行っております。詳しくはリンク先の情報をご覧ください。

風しんは、子供での症状は比較的軽度ですが、妊婦の方が感染すると先天性風疹症候群の赤ちゃんが生まれる可能性があります。ワクチン接種を含めた感染予防に関する詳細は、リンク先の国立感染症研究所の情報(風疹とは先天性風疹症候群とは風疹Q&A)及び札幌市保健所の感染症情報の風しんのコーナーをご覧ください。

◎風しんの年別患者報告数

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

2018年

2019年

全国

14334

319

163

126

91

2937

1485

北海道

109

4

4

1

0

29

25

札幌市

41

2

0

0

0

15

6

※最新週現在の速報値です。速報のため、後日数値が訂正される場合があります。

◎先天性風しん症候群の年別患者報告数

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

2018年

2019年

全国

32

9

0

0

0

0

2

北海道

0

0

0

0

0

0

0

札幌市

0

0

0

0

0

0

0

※最新週現在の速報値です。速報のため、後日数値が訂正される場合があります。

◎風しんの週別患者報告数

2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
報告数 報告数 報告数 報告数 報告数 報告数 報告数
6 1 17 1             27 1

9

1

7 2 24 1             29 1

10

1

8 1                 32 1

11

1

9 1                 41 1

13

1

10 2                 42 1

14

1

11 3                 43 1

15

1

12 1                 44 2    
13 1                 45 1    
14 4                 46 1    
15 4                 47 1    
16 1                 49 1    
17 1                 50 2    
18 3                 51 1    
19 3                        
20 1                        
22 1                        
23 1                        
24 2                        
25 1                        
26 2                        
27 1                        
28 1                        
35 1                        
37 1                        
42 1                        
                           
年計 41 年計 2 年計 0 年計 0 年計 0 年計 15 年計 6

※最新週現在の速報値です。速報のため、後日数値が訂正される場合があります。

◎2013年に報告された患者の年齢群別報告数

患者報告数

風しんについて

風しん(rubella)は、風しんウイルスの感染を病因とする急性感染症です。ウイルスは上気道に感染後、頸部リンパ節等で増殖、ウイルス血症を生じて全身に広がります。この頃、ウイルスが鼻咽頭分泌物中に排泄されるようになり、感染から約2~3週間の潜伏期間の後、発症します。主な症状は、発熱・発疹・リンパ節の腫れで、子供での症状は、比較的軽度です。しかし、妊婦、特に妊娠初期の方が感染すると、先天性風疹症候群(心疾患・難聴・白内障等)の赤ちゃんが生まれる可能性があり、注意が必要です。主な感染経路は、感染者の鼻咽頭分泌物に含まれるウイルスを、飛沫感染や接触感染により取り込むことです。そこで、流行時には、うがいや手洗いの励行を心がけることが大切です。しかし、この疾患は、潜伏期間中にウイルスの排泄が始まることや、感染しても症状のでない方(不顕性感染者)が多いことから、感染予防には、ワクチン接種により免疫を獲得しておくことが最も重要です。札幌市の予防接種については、リンク先の保健所の予防接種情報をご覧下さい。なお、海外流行地への渡航は風しんウイルスに感染するリスクを上げますので、渡航の際は事前のワクチン接種をするなど対策を講じるようご協力をお願いします。海外出張の多い企業や組織では、職場としての風しん対策を講じるようお願いいたします。感染経路や症状、ワクチンや先天性風疹症候群等の情報の詳細は、リンク先の国立感染症研究所の情報(風疹とは先天性風疹症候群とは風疹Q&A職場における風しん対策ガイドライン)をご覧ください。

風しん患者の届出について

風しんは、2008年1月1日から全数報告の対象疾患になりました。そこで、風しん患者を診断した医師は、7日以内に最寄の保健所へ届出することとなっています。風しん患者の届出基準及び届出様式については、リンク先の厚生労働省ホームページ掲載の届出基準等の情報をご覧ください。

風しんに関する情報へのリンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局衛生研究所保健科学課

〒003-8505 札幌市白石区菊水9条1丁目5-22

電話番号:011-841-2341

ファクス番号:011-841-7073