ここから本文です。

更新日:2018年2月16日

E型肝炎について

E型肝炎はウイルス性の急性肝炎で、病原体はE型肝炎ウイルスです。主たる標的器官は肝臓で、15~50日(平均6週間)の潜伏期間の後、悪心・食欲不振・腹痛等の消化器症状を伴う急性肝炎を呈し、黄疸が出現しますが、感染しても症状のでない不顕性感染者も多い(特に若年者)とされています。主な感染経路は経口感染で、ウイルスに汚染された食物や水の摂取により感染します。国際的な発生状況としては、水系感染による大流行が、中央アジアや東南アジア等で報告されています。わが国においては、国外で感染したと推定される患者の他、野生のシカやイノシシを喫食して感染した事例や、加熱不十分な豚レバーの喫食が感染源となった可能性が高いという事例(詳細は、リンク先の厚生労働省の頁をご覧ください。)の報告があります。感染の予防には、現状で使用可能なワクチンがない状況にあるため、手洗いの励行と飲食物の十分な加熱が大切です。病気の詳細については、リンク先の感染症研究所からの情報をご覧ください。

最新週:第6週(2月5日~2月11日)

◎年別患者報告数

2013

2014

2015

2016

2017 2018

全国

126

154

211

356

305

30

北海道

26

19

41

107

70

5

札幌市

10

5

23

35

33

3

※:最新週現在の速報値

◎週別患者報告数

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

2018年

報告数

報告数

報告数

報告数

報告数

報告数

7 1 10 1 2 1 2 1 6 5 2 1
11 1 12 1 3 1 7 2 8 2 5 1
12 1 23 2 4 1 14 3 9 3 6 1
15 1 32 1 5 2 15 1 10 1    
23 1     9 2 16 1 11 2    
25 1     22 1 19 1 16 1    
29 1     26 1 20 2 17 1    
38 1     29 1 21 1 18 1    
42 1     30 1 22 1 19 1    
48 1     32 1 23 1 23 1    
        38 2 24 1 25 1    
        39 1 28 4 29 1    
        40 1 30 2 31 1    
        41 1 32 2 37 2    
        43 1 33 1 38 1    
        45 1 34 2 40 1    
        46 1 35 1 42 2    
        48 1 36 1 46 1    
        49 1 37 2 47 2    
        52 1 39 1 48 2    
            43 1 52 1    
            46 1        
            49 1        
            52 1        
年計 10 年計 5 年計 23 年計 35 年計 33 年計 3

※:最新週現在の速報値

E型肝炎患者の届出について

E型肝炎は、全数報告の対象疾患です。そこで、E型肝炎を診断した医師は、ただちに最寄の保健所へ届出る必要があります。届出基準及び届出様式については、リンク先の厚生労働省ホームページ掲載の届出基準等の情報をご覧ください。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局衛生研究所保健科学課

〒003-8505 札幌市白石区菊水9条1丁目5-22

電話番号:011-841-2341

ファクス番号:011-841-7073