ここから本文です。

更新日:2021年1月15日

劇症型溶血性レンサ球菌感染症について

劇症型溶血性レンサ球菌感染症は、1987年に米国で最初に報告(国内は1992年)された死亡率の極めて高い疾患です。四肢の疼痛・腫脹・発熱・血圧低下などの初期症状の後、急激に病状が進行し、急性腎不全や多臓器不全などを起こします。A群溶血性レンサ球菌感染による一般的な疾患は咽頭炎で、その多くは小児が発症します。一方、劇症型溶血性レンサ球菌感染症は、A群以外にB・C・G群の溶血性レンサ球菌からも発症しており、幅広い年齢層で発症します。現在のところ、発症機序に不明な点が多いことから、国立感染症研究所を中心として、患者由来の病因菌の血清型や遺伝子型等の解析が進められています。(病気の詳細は、リンク先の国立感染症研究所の情報をご覧ください。全国の報告患者の2006~2010年の年齢分布等の解析結果は、リンク先の国立感染症研究所の情報をご覧ください。)

最新週:第1週(1月4日~1月10日)

第1週は、劇症型溶血性レンサ球菌感染症の患者報告はありませんでした。

◎年別患者報告数

2016年

2017年

2018年

2019年

2020年

2021年

全国

494

588

693

926

751

6

北海道

17

12

18

40

33

0

札幌市

14

8

9

24

20

0

※最新週現在の速報値です。速報のため、後日数値が訂正される場合があります。

◎週別患者報告数

2016年 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
患者報告数 患者報告数 患者報告数 患者報告数 患者報告数 患者報告数
2 1 9 1 3 1 2 2 1 1    
5 1 17 2 10 1 7 1 2 2    
6 1 21 1 14 1 10 1 3 1    
10 1 23 1 19 1 14 1 5 1    
19 2 30 1 24 1 16 1 7 1    
23 1 42 1 29 1 17 1 17 1    
24 1 44 1 31 1 21 1 19 1    
34 1     35 1 23 1 20 1    
35 1     40 1 26 1 23 1    
36 2         27 1 25 1    
45 1         32 1 26 1    
49 1         34 3 28 1    
            38 1 34 1    
            40 2 36 1    
            46 2 37 1    
            49 1 43 1    
            50 1 45 1    
            52 2 51 1    
                53 1    
年計 14 年計 8 年計 9 年計 24 年計 20 年計 0

※最新週現在の速報値です。速報のため、後日数値が訂正される場合があります。

劇症型溶血性レンサ球菌感染症患者の届出について

劇症型溶血性レンサ球菌感染症は、全数報告の対象疾患です。そこで、劇症型溶血性レンサ球菌感染症を診断した医師は、7日以内に最寄の保健所へ届け出る必要があります。届出基準及び届出様式については、リンク先の厚生労働省ホームページ掲載の届出基準等の情報をご覧ください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局衛生研究所保健科学課

〒003-8505 札幌市白石区菊水9条1丁目5-22

電話番号:011-841-2341

ファクス番号:011-841-7073