ここから本文です。

更新日:2015年9月3日

街を安全・快適にする取り組み(テキスト版)

大通公園 西3丁目、テレビ塔と地下街出入口(SAPP‿RO)をバックに立つ秋元市長と森田絹子さん

森田絹子さん:市長、夏の終わり、やっと、涼しさが感じられるようになってきました。

秋元市長:そうですね、今年暑かったですけど、本当に夏の一時でしたね。さわやかな札幌が戻ってきました。

森田絹子さん:皆さんこんにちは、藤女子大学の森田絹子です。

秋元市長:皆さんこんにちは、札幌市長の秋元克広です。

森田絹子さん:今日は、わたくし藤女子大学の森田がレポータとなって、ここ大通公園で「街を安全・快適にする取り組み」についてお伺いします。よろしくお願いいたします。

秋元市長:よろしくお願いします。

平成27年8月1日は何の日

秋元市長:森田さん、突然ですけど、ここでクイズです。

森田絹子さん:えっ。どんな問題ですか?

秋元市長:今年の8月1日は札幌市にとって一つの節目の日でした。さて、何の日だったでしょうか?

森田絹子さん:8月1日ですか・・・。1922年に札幌市が市制施行した日ですよね・・。そして、ズバリ!ポイ捨て防止条例10周年の記念日です。

秋元市長:そうなんですよ、よく知っていますね。今年の8月1日は、いわゆる「ポイ捨て防止条例」施行から10年目だったんですね。

大通公園 西3丁目、テレビ塔と地下街出入口(SAPP‿RO)をバックに、ベンチに座る秋元市長と森田絹子さん

喫煙制限区域

森田絹子さん:市長、改めて、「ポイ捨て防止条例」を教えてください。

秋元市長:はい、いわゆる「ポイ捨て防止条例」は、観光都市さっぽろにふさわしい環境と市民の安全で快適な生活環境を確保するために、2005年の8月1日に施行しました。

秋元市長:内容は、簡単に言うと、たばこの吸い殻や空き缶などのポイ捨ての禁止、喫煙制限区域内での喫煙の禁止、飼い犬のふんの回収、などを定めています。

森田絹子さん:街中でタバコを吸うと罰金を取られるんですよね。

秋元市長:そうなんです。喫煙制限区域内、これは街中なのですが、灰皿を設置されていない場所での喫煙は禁止です。携帯灰皿を持っていてもだめなんです。これに違反すると、1,000円の過料が科せられます。

森田絹子さん:そういえば、のぼりをもった指導員さんを見かけますよね。

秋元市長:はい、指導員さんが、毎日巡回をして、条例を周知したり、違反者から過料を徴収しています。

市内全域でのポイ捨て禁止

森田絹子さん:街中の喫煙制限区域内では、喫煙すると厳しく罰金を取られますが、他の地域はどうなのでしょうか?

秋元市長:条例では、市内すべての地域で、たばこの吸い殻や空き缶、ペットボトル、ガムのかみかす、紙くずなどのポイ捨てを禁止しています。

秋元市長:そのほか、飼い犬を連れている人は、飼い犬のふんをきちんと回収しなければならないことも定めています。

森田絹子さん:この場合の罰則はどうなんでしょうか?

秋元市長:ポイ捨て、ふんを回収しないことは、そもそも公共の場ではあってならないことですので、区域に関係なく1,000円の過料の対象となっています。

森田絹子さん:確かに、そもそもだめな行為ですよね。

10周年啓発キャンペーン

森田絹子さん:最近、違反をする方が増えていると伺っていますが。

秋元市長:そうなんです。2011年には最低の164人になりましたが、その後また増え続けて、2014年には402人にもなりました。

森田絹子さん:増えた原因はなんですか?

秋元市長:違反は、20代・30代の方が多いのですが、条例が作られた時は大きく話題になりましたので、条例がすぐ浸透しました。ところが、その時に子どもだった人たちは、喫煙は関係なかったんですね。そこで10年経過して、大人になっても条例を知らないままだったんですよ。

森田絹子さん:なるほど。

秋元市長:そこで、今年度は10周年ということで、改めてしっかりと条例を周知しなければならないと考え、PRに努めています。

森田絹子さん:具体的には、どのようなことをなさっていますか。

秋元市長:若い方にはおなじみの、タレント・上杉周大(うえすぎ しゅうた)さんを「ポイ捨て防止応援大使」に任命させてもらい、ポスターやチラシ、CM動画などを作成して、市内全域でPRしています。

秋元市長:「カッコ悪いぜ!そのポイ捨て。」って見たことありますよね。

森田絹子さん:見たことありますよ。あのグリーンが鮮やかなポスター、すごく目立ちます!

ポイ捨て防止のCM動画

ポイ捨て防止応援大使 上杉周大さん:皆さん、こんにちは。ポイ捨て防止応援大使の上杉周大です。札幌市のポイ捨て等防止条例は、今年で10周年。ポイ捨て、歩きたばこはダメですよ。ルールを守ると街はもっときれいになる!カッコ悪いぜ!そのポイ捨て。

大通公園 西3丁目、テレビ塔と地下街出入口(SAPP‿RO)をバックに立つ秋元市長と森田絹子さん

森田絹子さん:今日は、秋元市長に「ポイ捨て防止条例」を中心に「街を安全・快適にする取り組み」について伺いました。いろいろとお話しいただき、ありがとうございました。最後に一言お願いいたします。

秋元市長:札幌にお住まいの皆さん、そして、札幌を訪れてくださるたくさんの観光客の皆さんの、安全で快適な環境を守っていくためには、市民一人ひとりの心がけが何より大切です。10周年を迎えたポイ捨て防止条例をしっかり守って、みんなで更に住みよいまちをつくっていきましょう。

森田絹子さん:それでは今日はこの辺で。

秋元市長、森田絹子さん:ありがとうございました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局広報部広報課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎11階

電話番号:011-211-2036

ファクス番号:011-218-5161