ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 札幌市長のページ > 市長のうごき > 令和元年台風19号による被災地へ派遣する職員の出発式を行いました

ここから本文です。

更新日:2019年10月15日

令和元年台風19号による被災地へ派遣する職員の出発式を行いました

秋元市長と派遣職員の写真

(令和元年10月15日火曜日)

令和元年台風19号により被災した宮城県石巻市へ本市職員4名を派遣するに当たり、職員出発式を行いました。

今回の派遣は、指定都市市長会が「広域・大規模災害時における指定都市市長会行動計画」を適用し、国の「被災市区町村応援職員確保システム」のもと、対口支援団体の決定を受けて行うものです。

台風19号により、広い範囲で記録的な大雨となり、甚大な被害が生じています。派遣される4名には、情報収集や現地ニーズの確認を早急に行っていただきたいと思います。今後も状況に応じ、支援チーム等を派遣するなど、被災地の一日も早い復旧・復興に向けて支援してまいります。

(札幌市長 秋元 克広)