ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 札幌市長のページ > 市長のうごき > ラグビーワールドカップ2019TM日本大会の大会ボランティア「TEAM NO-SIDE」オリエンテーションに参加しました

ここから本文です。

更新日:2019年2月23日

ラグビーワールドカップ2019TM日本大会の大会ボランティア「TEAM NO-SIDE」オリエンテーションに参加しました

秋元市長とレンジー

(平成31年2月23日土曜日)

9月に開催される、ラグビーワールドカップ2019TM日本大会の開催都市の一つである札幌市において、同大会ボランティア「TEAM NO-SIDE」に採用された方を対象としたオリエンテーションが開催されました。

この日は、採用されたボランティアの方々が一堂に会し、大会公式ボランティアプログラム「NO-SIDE」の説明やボランティアのプロモーション映像の上映、今後のスケジュール紹介などが行われました。また、大会公式マスコット「レンジー」も激励のため会場を訪れました。

大会の成功のためには、選手・役員・観客の皆さまだけではなく、大会を支えるボランティアの皆さまのお力が不可欠だと考えております。開催に向けて、ボランティアの皆さまと、行政、そして大会組織委員会をはじめとする関係者全員で、準備を進めてまいります。

(札幌市長 秋元 克広)