ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 札幌市長のページ > 市長のうごき > 平成30年度札幌市行政評価委員会外部評価報告書が提出されました

ここから本文です。

更新日:2019年1月18日

平成30年度札幌市行政評価委員会外部評価報告書が提出されました

石井委員長と秋元市長の写真

(平成31年1月18日金曜日)

「札幌市行政評価委員会」(委員長:石井 吉春・北海道大学公共政策大学院特任教授、委員数:5人)による「平成30年度札幌市行政評価外部評価報告書」の手交式が行われ、石井委員長から報告書が提出されました。同委員会は、行政が主体的に事業の点検・評価をし、その結果を自らの仕事に生かしていくための「行政評価制度」において、行政による評価を補完し、評価に客観性・多面性を持たせることを目的に設置されたものです。

石井委員長をはじめとする委員の皆さまからは、町内会の維持に向けた若い世代への情報発信や市民・企業の環境意識の醸成を図る取り組みなど、市政に関する事項についてさまざまなご指摘をいただきました。

委員の皆さまからいただいた今回のご指摘を踏まえ、業務改善に取り組んでまいります。

(札幌市長 秋元 克広)