ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 札幌市長のページ > 市長のうごき > 第1回アジア太平洋デフユースバドミントン選手権大会準優勝選手がお越しになりました

ここから本文です。

更新日:2018年12月12日

第1回アジア太平洋デフユースバドミントン選手権大会準優勝選手がお越しになりました

髙橋選手たちと秋元市長の写真

(平成30年12月12日水曜日)
10月28日から11月4日までマレーシア・クアラルンプールで開催された「第1回アジア太平洋デフユースバドミントン選手権大会」に出場し、混合ダブルスで準優勝、女子シングルスでも3位となった髙橋 来海(たかはし・くるみ)選手ら4人が、大会結果の報告のためお越しになりました。

髙橋選手からは「今回の大会は、初めての海外での大会ということもあり、大きなプレッシャーを感じていたが、そのような中で結果を残すことができ、自分の成長を感じることができた大会だった。この経験を生かし、さらに上を目指して頑張っていきたい」とのお話をいただきました。

素晴らしい結果を残していただいたことを大変嬉しく思います。今回の経験を基に、今後もさらなる活躍をされることを期待しています。

(札幌市長 秋元 克広)