ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 札幌市長のページ > 秋元市長のサッポロスマイルニュース > 市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和3年2月15日)北海道の集中対策期間延長に伴う市民の皆さまへのお願いについて

ここから本文です。

更新日:2021年2月15日

市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和3年2月15日)
北海道の集中対策期間延長に伴う市民の皆さまへのお願いについて

2月3日に公布された「新型インフルエンザ等対策特別措置法等の一部を改正する法律」が、2月13日に施行されました。また、北海道の対策本部会議が開催され、2月16日以降の感染拡大防止に向けた施策などが示されたことを受け、今後の札幌市の対応等を検討するため、第11回札幌市新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。

市民や事業者の皆さんには、感染拡大防止へのご協力やご理解をいただいていることにつきまして、改めて感謝申し上げます。皆さんのご協力により、市内の感染状況は減少傾向にあります。しかしながら、札幌市が北海道における中心都市であることを考えると、感染状況はしっかり下がっていない状況です。

同法の第24条第9項に基づき、北海道知事から、国内で緊急事態宣言が発令されている間は「集中対策期間」を継続することとし、緊急事態宣言対象地域との不要不急の往来自粛や、感染リスクを回避できない場合の不要不急の外出自粛、などの協力要請がありました。また新たに、市内飲食店等への営業時間の短縮や、市内飲食店等の午後10時から午前5時までの利用自粛の要請も示されたところです。

市民や事業者の皆さんには、長期に渡り、ご負担をお掛けしておりますが、人の移動や会食機会が増える3月以降の感染の再拡大に備えるとともに、ワクチン接種に向けた体制を整えるため、更に一段、新規感染者数を引き下げるための要請になりますので、引き続きご協力をお願いいたします。

札幌市としても、集団感染の発生を中長期的に抑えるため、検査体制の拡充を進めます。
すすきの地区においては、新型コロナ対策プロジェクトをより一層推進させるため、2月15日にすすきの地区の関係団体の皆さまと協定を締結し、店舗単位でのPCR検査の受検拡大や各種情報発信などを連携して実施していきます。さらに、医療機関、高齢者施設、障がい者施設等におけるクラスター対策についても、感染まん延予防のためのスクリーニング検査を順次実施していきます。

引き続き、関係機関と連携し、全庁一丸となって感染症対策に取り組んでまいります。今月末までの間、感染拡大を徹底して抑え込むためにも皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

 

【新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく協力要請】

~市民及び市内滞在者の皆さんへの要請~

  • 感染リスクを回避できない場合の不要不急の外出や市外との往来をお控えください(2月28日まで)。
  • 緊急事態宣言対象地域との不要不急の往来はお控えください。
  • 感染リスクを回避する行動を徹底してください。
  • 市内飲食店等の午後10時以降のご利用をお控えください(2月28日まで)。

~事業者の皆さんへの要請~

  • 市内の飲食店について、営業時間の短縮(午前5時から午後10時まで)をお願いします(2月28日まで)。
    ※要請にご協力いただいた事業者には、北海道から支援金を支給します。
    ※週合計の新規感染者数が直近7日間平均で10万人当たり15人を下回った場合、医療提供体制の負荷の状況を踏まえた上で、営業時間短縮の要請解除を検討します。
  • 業種別ガイドラインや新北海道スタイルなど感染拡大防止対策の徹底をお願いします。
  • 休憩場所や食事場所など、職場での感染リスクが高い場所の再点検やテレワークや時差出勤などのより一層の徹底をお願いします。

 

札幌市長 秋元 克広