ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 札幌市長のページ > 秋元市長のサッポロスマイルニュース > 市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和2年3月18日)新型コロナウイルス感染症について

ここから本文です。

更新日:2020年3月18日

市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和2年3月18日)
新型コロナウイルス感染症について

3月17日(火曜日)に、第5回札幌市感染症対策本部会議を開催し、感染状況と対応状況を確認、協議しました。

これまでの間、札幌市では新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、北海道などとも連携しながら、総力を挙げて取り組んでいるところですが、今なお感染者の発生が続いています。

ただ、新たに感染確認された方のほとんどが、すでに感染された方との濃厚接触をした方であるなど、感染ルートはある程度把握できており、一定程度、持ちこたえているものと認識していますが、なお予断は許さない状況であることは間違いありません。(札幌市内での発生状況ページはこちら

2月28日に出されました北海道の「緊急事態宣言」にあわせて、札幌市の市有施設の休館や不特定多数の方が参加する札幌市主催のイベントの中止について、3月19日(木曜日)までとさせていただきました。今後、3月19日頃を目途に、国の専門家会議が開催されることとなっており、また北海道においても「緊急事態宣言」の効果について検証結果が出される予定です。

これらの現状と今後の予定を踏まえて、今日の対策本部会議の中で、私から次のことを指示しました。

○ 市有施設の休館期間及び不特定多数の方が参加される札幌市主催のイベントの自粛期間については、当面、3月31日(火曜日)まで延期するよう検討すること(あわせて、今後の国の専門家会議の見解や北海道の対応も適切に踏まえ、歩調を合わせた柔軟な対応をすること)

なお、札幌市以外が主催するイベント等につきましても、参加者や運営者等関係者の安全を最大限に考慮した上で、開催可否についてご検討いただくようお願いします。

 ○ 経済へのさまざまな影響に対して、引き続きセーフティネットの充実などの検討を進めること

 ○ 市民の皆さんが取るべき行動について、正しい理解を促すため、よりわかりやすく情報を提供すること

 ○ 現在の感染状況を踏まえて、疫学調査、検査、医療体制について、医療機関の協力を得ながら一層の強化に取り組むこと

市民の皆さまには、今しばらくご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

あわせて、これまでお願いしておりました「かからない」「うつさない」「なやまない」の3点についても、引き続きご協力をお願いいたします。

1.「かからない」

手洗い等の徹底や定期的な換気をお願いします。

2. 「うつさない」

定期的に体温を測るなどご自身の健康管理をしていただき、発熱等のある場合には、外出しないようお願いします。

 3.「なやまない」

コロナウイルスに関する様々な不安や疑問については、一人で悩まずに、新型コロナウイルス一般相談窓口の「011-632-4567」番にお問い合わせください。また、発熱等の症状がある方は、「♯7119」番にご相談ください。

感染症による市民生活への影響を最小限に抑えつつ、これを一日も早く終息させて日常を取り戻せるよう、改めて強い覚悟を持って対策に当たっていきます。

 

札幌市長 秋元 克広