ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 札幌市長のページ > 秋元市長のサッポロスマイルニュース > 市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和2年11月17日)新型コロナウイルス感染症について

ここから本文です。

更新日:2020年11月18日

市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和2年11月17日)
新型コロナウイルス感染症について

11月7日に警戒ステージ3に引き上げられ、すすきの地区における営業時間短縮等の強い措置を講じてきたところですが、その後も、感染拡大は収まらない状況が続いています。
11月17日の北海道の対策本部会議において、札幌市に対しては「警戒ステージ4相当」の強い措置を講じる必要があることが決定されました。

内の感染状況は、11月に入って、新規感染者数が急増しており、ここ数日の感染者数についても、高止まりが続いています。
病院や福祉施設などでの集団感染事例が増加するなど、重症化リスクの高い方への感染が広がり、入院・重症患者も増えています。また、医療従事者に陽性者が判明し、新規の受入病床を抑制せざる得ない状況となっており、さらに、高齢者施設の集団感染により、介護度の高い患者を受け入れる医療機関では、対応する職員の方をより多く必要とするなど、医療提供体制は厳しい状況が続いています。
のような中、医療機関の皆さまには、昼夜を問わず対応いただいていることに、改めて心より感謝を申し上げます。

すきの地区における営業時間短縮要請など、事業者の皆さまにもご協力をいただいて、感染拡大防止に全力を尽くしているところでありますが、医療提供体制への負荷を抑えるためにも、ここで、さらに踏み込んだ取り組みが必要になります。

民の皆さまには、これらの現在の感染状況を踏まえて、11月27日までの集中対策期間において、次のことをお願いいたします。

  • すすきの地区において、22時から翌日5時まで、酒類を提供する施設の利用を控えること
  • テレワークや時差出勤などをより一層、徹底すること
  • 接触確認アプリCOCOAや、道のコロナ通知システムの活用を徹底すること
  • 感染リスクを回避できない場合は、不要不急の外出及び市外との不要不急の往来を控えること
    具体的には、「新北海道スタイル」を実践していない施設等の利用や密閉された空間で人との距離が十分に確保できない長時間の会合などは控えてください。

た、これまでお願いしてきた、大声での会話の回避、マスクの着用、換気の徹底に加えて、

  • 今は、家族以外との会食は、なるべく控えること
  • 必要な場合でも、4人以内の少人数での会食にとどめること
  • 2時間以上に及ぶ飲酒は控えること

をお願いします。

業者の皆さまにおかれましては、「新北海道スタイル」など感染拡大防止対策の再確認のうえ、徹底してください。また、休憩時なども感染リスクが高まりますので、従業員に注意徹底を呼び掛けるほか、テレワークや時差出勤を、より一層活用してください。
すきの地区の事業者の皆さまには、営業時間短縮等によりご負担をお掛けしておりますが、感染拡大を抑止するため、引き続きご協力をお願いします。

週末は3連休ということもあり、外出を計画されている方も多いと思いますが、必要性や訪問先等について慎重に判断のうえ、感染リスクを回避する行動を徹底していただくとともに、繰り返しになりますが、リスクを回避できない場合には、今は不要不急の外出・市外との往来はお控えください。

ここで何としても感染拡大を抑える必要があります。

幌市としても、引き続き関係機関と連携し、全庁一丸となって感染拡大防止に取り組んでまいりますので、市民の皆さまにおかれましても、いま一度、お一人お一人に感染予防対策を徹底していただき行動変容のご協力をお願いいたします。

札幌市長 秋元 克広