ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 札幌市長のページ > 秋元市長のサッポロスマイルニュース > 市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和2年6月18日)新型コロナウイルス感染症について

ここから本文です。

更新日:2020年6月18日

市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和2年6月18日)
新型コロナウイルス感染症について

6月1日から、外出自粛や施設の使用制限、イベントの開催制限などが段階的に緩和されているところであり、徐々に人の動きや社会経済活動が活発になってきています。
北海道が示すロードマップにおける段階的緩和の「ステップ1」は6月18日までとなっており、翌19日から「ステップ2」への移行が予定されていることから、この「ステップ2」への移行を含めた今後の札幌市における対応を協議するため、6月18日に第11回札幌市感染症対策本部会議を開催しました。

この対策本部会議に先立って、北海道知事、北海道市長会 会長及び北海道町村会 会長とweb会議を開催し、意見交換を行いましたが、今後もオール北海道で、感染予防と社会経済活動の活性化の両立を目指し、情報交換や情報共有を図りながら全体で連携を図っていくことを確認しました。
また、市内の感染状況を見ましても、4月下旬から5月にかけての大型連休中は非常に厳しい状況でありましたが、最近の新規感染者数は一定程度に収まっており、また、その半数は「昼カラオケ」など特定の場所での発生であり、さらに感染経路も追える状況となっています。

以上のことから、札幌市としてましても、クラスター対策や感染予防策をしっかりと実行することを前提としながら、予定どおり19日から「ステップ2」に移行することとします。

「ステップ2」への移行により、経済の活性化と感染拡大防止の両立をより目指していくこととなります。
市民の皆さまには、今後、市民活動や社会経済活動が活発化する中にあっても、生活の各場面において、感染リスクの高い行動は避けていただくなど、「新北海道スタイル」を実践していただきますようよろしくお願いします。
そして、事業者の皆さまにおかれましても、店舗などの営業にあたっては、それぞれに示されている業種別ガイドラインを参考に、感染予防の対策に継続的に取り組んでいただくなど、利用者に安心してもらえる環境を提供していただきますよう、重ねてお願いします。

札幌市としましても、6月10日に議決されました緊急対策第3弾の補正予算について、必要な方に必要な支援が速やかに届くように進めていくとともに、6月12日に成立した国の2次補正予算を踏まえた緊急対策第4弾となる補正予算についても、7月上旬に臨時議会を開いて、速やかな成立を目指したいと考えています。
市外や道外との往来が可能なフェーズに移行することになりますので、感染拡大防止対策に引き続き取り組みつつ、観光需要の回復策など、市内経済の回復に向けた取組についても検討を進めていきます。

経済の活性化と感染拡大防止の両立の実現に向けて、引き続き、市民の皆さま並びに事業者の皆さまのご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

札幌市長 秋元 克広