ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 札幌市長のページ > 秋元市長のサッポロスマイルニュース > 市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和2年5月30日)新型コロナウイルス感染症について

ここから本文です。

更新日:2020年5月30日

市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和2年5月30日)
新型コロナウイルス感染症について

5月25日(月曜日)に、特措法に基づく緊急事態宣言が解除されましたが、目に見えないウイルスとの闘いは続いています。札幌市内においても、いまだに、日々新規感染者が確認されており、新型コロナウイルスが0になったという状況ではありません。新型コロナウイルスが世の中に存在するという前提で、徐々にさまざまな活動を再開させていく段階に入っています。

5月29日(金曜日)に北海道の新型コロナウイルス感染症対策本部会議が開催され、6月1日以降の外出自粛やイベントの開催制限など、新型コロナウイルス感染症対策に関する基本方針が示されました。市民の皆さま、事業所の皆さまおかれましても、感染予防や感染拡大の防止を徹底していただきながら活動を再開していただきたいと思います。

まず、外出についてですが、これまで集団感染が起きたような、比較的リスクの高い接待を伴う飲食店の利用等について、6月18日までは慎重な対応をお願いします。それ以外の外出の際も、買い物の時間をできるだけ短時間で済ます、あるいはマスクを着用するなど、感染リスクを下げる慎重な行動を取っていただきたいと思います。市外との往来につきましても、6月18日まで慎重な対応をお願いします。

お店や事業所の再開にあたりましては、業種別のガイドラインなどを参考に、感染予防の対策に取り組んでください。とりわけ、これまで集団感染が発生したようなライブハウスなどの再開については、より慎重に感染防止対策を取っていただいた上で再開するようにお願いいたします。あわせて、利用者に対しても、その対策などを明示するなど、安心を提供する取組の実施もお願いします。

イベントの開催につきましては、参加人数や十分な間隔の確保など、北海道における開催制限基準に準じて、段階的に再開することを検討してください。

そして、北海道が提唱する「新北海道スタイル」についても、市民・事業者の皆さまにご協力をお願いしたいと思います。

感染拡大を防止しながら、社会活動を回していく、この両立という非常に難しいテーマではありますが、市民と事業者の皆さんとともに、一体となって取り組んでいきたいと思います。

札幌市の対応としましては、休止している市有施設について、一部を除いて6月1日から再開することとします。再開に当たっては、感染予防対策を徹底するとともに、各施設の入口などのわかりやすい位置に、「新北海道スタイル安心宣言」を掲示するなど、皆さまが安心して利用いただけるように努めます。市民の皆さまも、それぞれの施設をご利用の際には、感染対策を徹底していただくとともに、感染リスクが高くなる行為については引き続き自粛していただきますようお願いします。また、感染リスクが比較的高く、6月1日以降も当面休止する施設については、今後の感染状況などを踏まえてその再開時期を慎重に検討していきます。

次に、市が主催するイベントについてですが、北海道における開催制限基準に準じて、段階的に再開することとし、感染リスクが高まる恐れのある行為については、引き続き自粛又は感染対策の徹底を図っていきます。

緊急事態宣言が解除されましたが、完全に安全な状態になったわけではなく、新型コロナウイルスが存在する前提で、感染予防に十分注意しながら徐々に通常の生活に戻していく必要があります。信号で言うと青信号ではなく、黄色の点滅の状態で、注意しながら進んでいただくということをお願いしていかなければなりません。1日も早くこの感染状況を収束させ、そして経済との両立を図っていくという重要な時期に入ってまいりますので、市民、事業者の皆さまとともにしっかりと取り組んでいきたいと思います。引き続きご理解・ご協力をお願いします。

札幌市長 秋元 克広

 

6月以降の段階的緩和(外出の自粛等) 6月以降の段階的緩和(施設の使用制限等) 6月以降の段階的緩和(イベント等の開催制限)