• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 市電倶楽部

ここから本文です。

更新日:2016年4月18日

市電倶楽部

市電倶楽部とは…?

中央区のシンボル「市電」に関する様々な情報を紹介するページです!

市電倶楽部

明治28年に京都市で誕生して以来、路面電車は札幌を含め日本各地で市民の生活の足として走り続けてきました。しかし、高度経済成長期に入ると、急速に環境が変わり始めます。その原因は自動車の普及や地下鉄の建設などによる交通事情の大きな変化。次第に路面電車は「道路のじゃま者」扱いされ、次々と廃線になっていきました。
そして、札幌の路面電車も同じ運命をたどっていきます。全盛期には営業路線の総延長が約25キロあったものが、昭和46年から49年の間に徐々に廃止・縮小されました。
しかしながら、人や環境に優しい乗り物であり、様々な都市問題を解決する有効な手段の一つとして、国内外で路面電車を再評価する気運が高まっています。札幌市においても、市電は市全体の活力向上に資する都市基盤として位置づけられており、魅力とにぎわいのあるまちづくりの実現を目指して、市電のループ化が行われました。平成27年12月20日に西4丁目~すすきの間の開業によってループ化され、路線全体で約8.9キロとなりました。
札幌で唯一市電が走る中央区にとって、市電は区民の皆さんが強い愛着を持ち続けている区のシンボルです。「ちゅうおう市電倶楽部」は、そんな路面電車を取り巻く新しい動きや、中央区で行っている市電を生かした街づくり事業など、市電に関する様々な情報を発信していきます。

路面電車のあり方について(市民まちづくり局総合交通計画部)(総合交通計画部のホームページ)

札幌の路面電車についての存廃の検討結果と今後の活用策の検討状況などをお知らせしています。

「雪ミク電車2016」

「雪ミク電車2016」が今年も期間限定で運行します。

市電と沿線の魅力掘り起こし事業(ふれあいプラン・ちゅうおう)

存続が決定した市電がより市民に親しまれるため、市電の魅力と沿線の見どころを掘り起こし、広く周知します。

「市電と沿線の古い写真、集めます」

市電の会では、まちの移り変わりの貴重な証拠である市電と沿線の古い写真を集めています。
詳しくは、チラシをご覧下さい。(「市電と沿線の古い写真、集めますチラシ(PDF:222KB)

 

「市電沿線ぶらりまちあるきマップ」

マップにつきましては平成19年度に発行したもので、更新及び今後の再発行は予定しておりません。そのため、掲載しております施設等の状況(業務終了、閉店等)が変わっていることもございますので、最新の情報をお確かめのうえご利用いただきますようお願いいたします。

※マップ第6号に掲載しておりました「12アンテナショップ(花信風)」については、平成18年9月で業務を終了したことが判明しましたので、マップデータから削除いたしました。
※第6号の「10老舗のレコード屋(レコードの鈴屋)」は平成19年11月末に、第4号の「8軟石造の洋菓子屋(パリ16区)」は平成21年3月29日に閉店していますのでお知らせいたします。

※第2号に掲載しております「2豊平館」は、耐震補強を含む保存修理工事のため休館中で、平成28年6月20日にリニューアルオープンする予定です。

市電の歴史(動画配信中)

市電の歴史(動画配信中)

昭和30年代から昭和50年代までの貴重な市電の映像を配信しています

市電の会

市電を生かした中央区の街づくりを考える「市電の会」をご紹介します。市電の会では賛助会員の募集も行っています。

市電図書館

市電の会が毎年発行している会報「市電のふるさと」をご覧になれます。

路面電車リンク集

路面電車に関するホームページのリンク集です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部地域振興課

〒060-0063 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-205-3221

ファクス番号:011-511-7234