• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 老舗刃物店から学ぶ~「第32回おしゃべりカフェ」開催

ここから本文です。

更新日:2020年10月14日

老舗刃物店から学ぶ~「第32回おしゃべりカフェ」開催

会場の様子

10月9日(金曜日)午後2時から、中央地区民生委員児童委員協議会、中央地区福祉のまち推進センターが主催する「第32回おしゃべりカフェ~中央区のまち並み再発見~」が本府・中央まちづくりセンター(中央区北1条西2丁目)で開催されました。

「おしゃべりカフェ」は、歴史や文化などをテーマに地域の人が気軽に集える場を提供するもので、平成19年度から年1~3回のペースで開催されています。第32回となる今回は、語り手に包丁・刃物専門店宮文の3代目宮本隆一氏を、聞き手には塚田敏信氏(まち文化研究所主宰/銭湯倶楽部代表/藤女子大学非常勤講師)を迎えました。

この日は、地域住民など約35人が参加。参加者たちは、宮本氏が語る、昭和2年に札幌狸小路2丁目に店舗を構えて今年で93年になる宮文の歴史や歩みを熱心に聞いていました。また、包丁研ぎの実演も行い、参加者たちは宮本氏の指導を受けながら、正しい包丁の研ぎ方を学びました。

初めて参加したという陣内由紀子(じんない・ゆきこ)さんは、「歴史ある宮文刃物店の宮本さんの実演で、自分の包丁の研ぎ方が合っているのか確認したかったので参加しました。自分で研いだ包丁を宮本さんに見てもらい、きちんと研ぐことができていて安心しました」と満足そうに話していました。

包丁研ぎを実演する宮本氏

包丁研ぎを実演する参加者

参加者に包丁研ぎを教える宮本氏

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部本府・中央まちづくりセンター

〒060-0001 札幌市中央区北1条西2丁目1番地 札幌時計台ビル10階

電話番号:011-251-6353