• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 児童がスノーキャンドルでまちの景観を彩る~二条小で雪あかり

ここから本文です。

更新日:2020年2月17日

児童がスノーキャンドルでまちの景観を彩る~二条小で雪あかり

写真:二条のゆきあかり20200208_1

 2月8日午後2時から市立二条小学校(中央区南2条西15丁目)で、冬の地域の景観を彩る「二条の雪あかり」が行われました。

 これは、同校に通う児童が地域の大人たちとスノーキャンドルを制作したり、雪遊びやゲームをしたりして楽しむ催しで、冬のイベントを通じて子どもたちに地域とのつながりを深めてもらうのが狙いです。保護者、学校、児童会館や町内会などが協力して開催しており、今年で5回目となります。今回も児童約280人と地域住民など大勢が参加しました。

 この日は初めに、体育館でオープニングセレモニーが行われ、二条小スクールバンドや児童会館ダンスクラブなどが演奏や踊りを披露しました。その後は輪投げや的当てなどのゲームコーナーが用意された他、図書館では読み聞かせも行われ、子どもたちは思い思いに楽しみました。

 玄関前のスペースではスノーキャンドル作りを実施。児童は大人たちに作り方を教わりながら約400個のスノーキャンドルを制作して、同校周辺に飾り付けました。

 まちづくりセンターでは児童に豚汁が振る舞われ、スノーキャンドル作りや雪遊びで冷えた体を温めました。

 夕方には点灯式が行われ、LEDライトによるキャンドルの明かりが学校周辺の雪道を優しく照らしました。道行く親子連れは「きれいだね」と言葉を交わしながら、まちの彩りを楽しみました。

写真:二条のゆきあかり20200208_2

写真:二条のゆきあかり20200208_3

写真:二条のゆきあかり20200208_4

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部大通・西まちづくりセンター

〒060-0062 札幌市中央区南2条西15丁目291-98

電話番号:011-280-7033