• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 令和元年度札幌市総合防災訓練を実施

ここから本文です。

更新日:2019年9月10日

令和元年度札幌市総合防災訓練を実施

写真:総合防災訓練1

 9月6日(金曜日)午前9時30分から、豊平川緑地一条大橋南側(中央区南2~3条東6丁目付近)で「令和元年度札幌市総合防災訓練」が実施され、地域住民や各防災関係機関・団体および企業などから約700人が参加しました。

 この訓練は、防災関係機関の災害発生時の応急対策に関する検証・確認と市民の防災意識の高揚を目的として、毎年、市内の10区持ち回りで行っています。中央区では10年ぶりの実施となります。

 この日は、暴風雨が市内を直撃した翌日に最大震度6弱の地震を観測したとの想定のもと「土砂災害対応訓練」「多重衝突救出訓練」「孤立住民救出訓練」などが行われました。警察や消防・自衛隊などの防災関係機関に加え、団体・企業との連携を確認しました。また、地域住民による発災対応型訓練も行われ、倒壊した建物の下敷きになった人や倒木被害を受けた車を救出しました。

 閉会式では、札幌市災害対策本部長の秋元克広(あきもと・かつひろ)市長より「災害時には、公助はもとより、地域の方の自助・共助も不可欠。日ごろの備えや地域の防災力を大切にしたい」と講評があり、訓練を締めくくりました。

 友人と一緒に参加したという女性は、「初めて経験する訓練ばかりだった。心肺蘇生の方法も教えていただき、万が一の時は役立てるかもしれない」と引き締まった表情で話していました。

写真:総合防災訓練2

写真:総合防災訓練3

写真:総合防災訓練4

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部総務企画課

〒060-8612 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-205-3205

ファクス番号:011-261-2991