• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 心肺停止の急病人を救命~協力者に感謝状を贈呈

ここから本文です。

更新日:2019年8月9日

心肺停止の急病人を救命~協力者に感謝状を贈呈

写真:感謝状贈呈1

 8月6日(火曜日)午前11時から、津元靖史(つもと・やすふみ)さんと相川雄介(あいかわ・ゆうすけ)さんの2人に、札幌市中央消防署(小嶋響(こじま・きょう)署長)から感謝状が贈呈されました。この感謝状は、心肺停止した男性(60代)に的確な救命処置を行い、男性の社会復帰に大きく貢献したことに対し贈られたものです。

 津元さんと相川さんは、株式会社コンサドーレのサッカーコーチとしてチームの指導に当たっていることから、贈呈式は、宮の沢白い恋人サッカー場(西区宮の沢2条3丁目)で行われました。

 2人は、5月にサッカー場(中央区盤渓433番地)内で、試合中の男性が急に倒れたことを知り、119番通報と心臓マッサージ(胸骨圧迫)を手分けして行い、さらにAED(自動体外式除細動器)で電気ショックを与えました。男性は、救急隊により病院へ搬送され入院しましたが、現在は完全社会復帰を果たしています。

 感謝状贈呈の後、小嶋中央消防署長から「津元さん、相川さんのちゅうちょしない、的確な救命処置が完全社会復帰という実を結びました。1分の差が結果を左右する重要な場面で、勇気ある一歩を踏み出していただいたことに感謝を申し上げます」と謝辞が述べられました。

 感謝状を贈呈された津元さんは「前日に救急救命講習を受講したばかりでした。倒れた男性が元気になられて本当によかったです」、相川さんは「救急救命講習で習った心臓マッサージの強さや速さを覚えていたので、迷うことなく対応することができました」と笑顔で話していました。

写真:感謝状贈呈2

写真:感謝状贈呈3

このページについてのお問い合わせ

札幌市消防局中央消防署予防課
〒064-8586札幌市中央区南4条西10丁目
電話番号:011-215-2120
ファクス番号:011-271-0627