• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 安全な避難誘導のために~ホテルで外国人対応消防訓練を実施

ここから本文です。

更新日:2019年7月23日

安全な避難誘導のために~ホテルで外国人対応消防訓練を実施

写真:外国人対応消防訓練1

 7月17日(水曜日)午後1時から、札幌プリンスホテル(中央区南2条西11丁目)において、外国人対応消防訓練が行われました。

 この訓練は、今年9月のラグビーワールドカップ開催に伴い、多くの外国人観光客が市内を訪れることが想定されることから、宿泊施設の外国人に対する防火対策を促進させることを目的に実施したものです。

 訓練には、プリンスホテルの従業員約20人が参加し、夜間を想定した初期消火、避難誘導及び119番通報訓練などを行い、外国人にとって分かりやすいかどうかを検証しました。

 館内放送では、「何が起こっているか」「何をすればよいか」を日本語に続き英語で周知しました。また、避難誘導訓練では、「Fire(ファイヤー)!」「This Way(ディスウェイ)!」など簡易な表現を使うことで、外国人への伝わりやすさを工夫したほか、ジャスチャーによる案内やフリップボードへの多言語表記など、より分かりやすい避難誘導の体制を整えました。

写真:外国人対応消防訓練2

写真:外国人対応消防訓練3

このページについてのお問い合わせ

札幌市消防局中央消防署予防課
〒064-8586札幌市中央区南4条西10丁目
電話番号:011-215-2120
ファクス番号:011-271-0627