• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > すすきの地区風俗店自主防災クリーンキャンペーン

ここから本文です。

更新日:2019年5月28日

すすきの地区風俗店自主防災クリーンキャンペーン

すすきのクリーンキャンペーン

令和元年5月21日(火曜日)、すすきの地区の風俗店において「すすきの地区風俗店自主防火クリーンキャンペーン」による自主点検が実施されました。

これは、すすきの地区風俗店の安全性を高めることを目的として、北海道特殊浴場協会が自主的に4月20日から行っているものです。「火災を起こさない!避難経路に物を置かない!」をスローガンとし、全会員の店舗で火災予防に関する自主点検を行います。

この日は、協会役員が南5条西5丁目の店舗を訪れ、店長に自主点検チェックシートを手渡し、自主点検の必要性と重要性を説明しました。その後、階段や廊下、消火器や防火戸の周りに物を置いていないか、コンセントの差込口は清掃されているかなどを点検し、不備がないことを確認しました。

協会の菊池勉(きくち・つとむ)事務局長は「すすきのの風俗店で火災が起きないよう、これからも会員の自主防火の意識を高めていきたいです」と語りました。

このページについてのお問い合わせ

中央消防署予防課
電話番号:215-2120