• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 市電と俳句を楽しむ

ここから本文です。

更新日:2019年3月11日

市電と俳句を楽しむ

写真:三月の路面電車DE俳句詠む1

3月7日(木曜日)午前11時から、貸切電車イベント「三月の路面電車DE(デ)俳句詠む」が開催され、22人が参加しました。

これは、俳句が好きな人に市電の車窓から見える沿線地域の景色を体験してもらうことで、新たな市電のファンになってもらうとともに、沿線地域への興味を持ってもらい、今後も継続して市電とその沿線地域に訪れてもらうことを目的として、開催したものです。

この日は、参加者が事前に詠んだ俳句の講評からスタート。北海道俳句協会常任委員および俳人協会北海道支部理事を務める辰巳奈優美(たつみ・なゆみ)氏が講師となり、車両上部に掲示された参加者の俳句を見ながら「季語は忘れずに自分の思いを入れると良い」などと俳句を詠む際のポイントをアドバイスしました。講師から添削後の俳句が詠まれると、参加者はメモを取ったり、うなずいたりして、市電に揺られながら俳句の世界を楽しんでいました。

続いて、参加者は、車内に掲示された市電の写真や車窓からの見える沿線地域の景色からイメージを膨らませて、市電をテーマにした俳句を考えていきました。講師から直接アドバイスをもらう参加者や、短い時間の中で3句の俳句を考えた参加者もおり、貸切電車で俳句を詠むという普段あまりできない経験を通して俳句の感性を磨いているようでした。

写真:三月の路面電車DE俳句詠む2

写真:三月の路面電車DE俳句詠む3

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部地域振興課

〒060-0063 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-205-3221

ファクス番号:011-511-7234