• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 小学生が熱戦を繰り広げる~インドア雪合戦大会開催

ここから本文です。

更新日:2018年11月27日

小学生が熱戦を繰り広げる~インドア雪合戦大会開催

写真:インドア雪合戦1

11月25日(日曜日)午前9時15分から、札幌市中央体育館(中央区大通東5丁目)において「第17回中央区インドア雪合戦大会」が開催され、中央区内の小学生24チーム約160人が参加しました。
この大会は、子どもたちにチームスポーツの楽しさやチームワークの大切さを知ってもらうため、中央区スポーツ推進委員会(上嶋敏裕(うえしま・としひろ)会長)と中央区が主催しました。
「インドア雪合戦」は、1セット1分30秒の3セットマッチで行われ、1チーム5人で1セットあたり70球の雪合戦室内用の球を投げ合うもので、相手陣地にある旗を奪ったチームや、制限時間経過後により多くの選手が残っていたチームが勝利となります。
この日は、開会式で中央区スポーツ推進委員会の上嶋会長から「日ごろの練習の成果を発揮し、フェアプレーで頑張ってください」とのあいさつがあった後、出場選手を代表して「ダブルアクセス」チームの橋本一成(はしもと・いっせい)くんと門間由依(もんま・ゆい)さんが元気いっぱいに選手宣誓を行い、競技がスタートしました。
試合が始まると選手たちは、シャトーと呼ばれる壁に隠れながら、緩急をつけた球で相手をけん制しながら旗を取るタイミングをうかがったり、わざとシェルターから体を出して相手の攻撃を誘い、球切れを狙ってみたりするなど緊張感のある攻防を繰り広げました。
観客席からも「今、行けるよ!」「狙われてるから気を付けて!」など大きな声援が飛び交い、選手が旗の奪取に成功すると会場内は大いに沸いていました。

写真:インドア雪合戦2

写真:インドア雪合戦3

写真:インドア雪合戦4

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部地域振興課

〒060-0063 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-205-3221

ファクス番号:011-511-7234