• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 一人で悩まず話してみよう~男性介護者のつどい開催

ここから本文です。

更新日:2018年11月19日

一人で悩まず話してみよう~男性介護者のつどい開催

写真:ケア友の会1

11月14日(水曜日)午前10時から、中央保健センター(札幌市中央区南3条西11丁目)において「中央区ケア友の会~認知症の方を介護する男性介護者のつどい~」が開催され、区民など18人が参加しました。

これは、なかなか周囲に相談できず、一人で悩みがちな男性介護者を対象に、介護に役立つ知識・情報や、介護者同士で交流する場を提供することが目的。中央区保健福祉課と中央区地域包括支援センターが主催しました。

今回は「認知症ケアのプロから学ぶ~認知症介護のポイント・コツについて」と題し、医療法人北仁会旭山病院(中央区双子山4丁目 山家研司(やまや・けんじ)院長)で看護師長を務め、カンフォータブル・ケアを提唱している南敦司(みなみ・あつし)さんが講演。認知症の方と上手に関わるために、「笑顔で対応する」「目線を合わせる」などのこつが紹介され、参加者は熱心に耳を傾けていました。

続いて開かれた交流会では、参加者と地域包括支援センターの職員らが輪になり、日頃の苦労や工夫、心配事などを語り合いました。一人が悩み事を話すと、「わかる。うちも同じだよ」などと同意する人もおり、会話が弾み笑顔も多い交流会となりました。

写真:ケア友の会2

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区保健福祉部保健福祉課

電話番号:011-205-3305