• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 体を動かして介護予防~めざせ健康長寿!運動グループ応援プロジェクト

ここから本文です。

更新日:2018年11月2日

体を動かして介護予防~めざせ健康長寿!運動グループ応援プロジェクト

運動グループ応援プロジェクト2

10月31日(水曜日)午前10時から、中央保健センター2階講堂(中央区南3条西11丁目)において「めざせ健康長寿!運動グループ応援プロジェクト」が開催されました。

運動グループは、区や地域包括支援センターなどが、区民による自主的な介護予防活動を推進するため、設立の支援を行っており、中央区には現在、ストレッチや筋トレなどの運動を行っているグループが8団体立ち上がっています。

この応援プロジェクトは、グループ間の交流と活動の活発化を目的として初めて実施されたもので、この日は、まず特定非営利活動法人HPT岡田しげひこ理学療法士による講話とタオルを使った運動指導からスタート。健康寿命を延ばしたり認知症を予防したりするには運動が必要であることや、ストレッチや筋力づくりを行う際の注意点などに参加者は熱心に耳を傾けていました。また、タオルを使った運動では、ストレッチする部分が日常のどのような動作の際に必要となるかなどの説明を受けながら、参加者は気持ちよさそうに体を動かしていました。

その後、グループ交流会と、セラバンド(ゴム製のトレーニング用バンド)やラダー(はしご状のトレーニング用具)などを使った運動の体験会が行われました。グループ交流会では、普段の活動で取り組んでいることやグループを継続するうえで困っていることなどを話し合い、活発に意見を出し合っていました。体験会では、「これからの活動に取り入れてみる」などの感想も聞かれ、改めて活動への意欲が湧いているようでした。

運動グループ応援プロジェクト1

運動グループ応援プロジェクト3

運動グループ応援プロジェクト4

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区保健福祉部保健福祉課

電話番号:011-205-3305