• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 夫婦で協力、赤ちゃんを迎える準備

ここから本文です。

更新日:2018年8月10日

夫婦で協力、赤ちゃんを迎える準備

写真:両親教室1

8月3日(金曜日)午後6時30分から、中央保健センター(中央区南3条西11丁目)において「両親教室」が開催され、10~11月に出産予定の夫婦38組が参加しました。

これは、初めての赤ちゃんを迎える夫婦を対象に、親子・家族関係のあり方、沐浴や着替えなどの育児方法について、実習などを通じて一緒に学んでもらおうと中央区健康・子ども課が行っているものです。

この日は、まず中央保健センターの保健師による講話からスタート。夫婦で赤ちゃんを迎えてからの生活をイメージし、協力できるところやできそうな事を話し合うことが大切であることを説明した他、赤ちゃんの抱き方やおむつの替え方などの手本を示しました。

続いて、育児DVDを視聴した後、新生児と同じくらいの重さのある人形を使用して沐浴、抱き方、おむつの替え方、着替えの仕方を保健師の指導の下、練習。人形の顔に水がかからないように体を洗ったり、体勢を変えたりするなど、最初は慣れない動作に苦戦していた夫婦も、保健師からこつを教わると、次第に余裕が出てきて「これなら上手にできるかも」などと話し、将来を想像しながら笑顔で行っていました。

その他、妊娠8~9カ月の体型を想定した妊婦ジャケットを身に付ける「妊婦疑似体験」も行われた。寝返りや階段の昇り降りなどの一般的な動作一つ一つに、ジャケットの重みで苦労する夫は「これは思った以上に大変。体に気をつけて無理しないで」と、妊娠中の妻へ思いやりのある言葉がかけられるなど会場はほほ笑ましい雰囲気に包まれていました。

写真:両親教室2

写真:両親教室3

写真:両親教室4

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区保健福祉部健康・子ども課

〒060-0063 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-511-7223

ファクス番号:011-511-8499