• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 楽しく「食育」体験~夏休み親子食育教室

ここから本文です。

更新日:2018年8月6日

楽しく「食育」体験~夏休み親子食育教室

写真:夏休み親子食育教室1

8月2日(木曜日)午前9時30分から、中央保健センター(中央区南3条西11丁目)において「夏休み親子食育教室」が開催され、区内の小学生とその保護者など11組25人が参加しました。

これは、次の世代を担う子どもたちに、親子での料理体験を通して「食」の楽しさ、大切さを知ってもらうことを目的に行われている体験型講座の一つで、中央区の健康・子ども課と食生活改善推進員協議会が行っているものです。

この日はまず、中央保健センターの管理栄養士による講話からスタート。食べ物によって人の筋肉や血液、骨などが作られていることや成長期に炭水化物を減らして食べるのは良くないこと、運動後に乳製品を取ると熱中症予防に良いことなどを子どもたちや保護者に分かりやすく説明しました。続いて同センターの歯科衛生士による歯科講座が行われました。かんだ回数で色の変わるガムを用いた体験を通して、ひと口30回を目標によくかんで食べることの大切さを説明した他、歯磨きの際には鏡やデンタルフロスを活用するなどして虫歯にならない歯磨き習慣を身につけることを呼びかけました。

最後は、「時鮭の焼き漬け」「かぼちゃと玉ねぎのみそ汁」「梅干しと削り節のおにぎり」「牛乳寒天」を作る調理実習と試食。子どもたちは、大人の手も借りながら、サケを焼いて漬け汁に浸したり、おにぎりを握ったりして、1時間30分ほど調理した。料理が完成すると「上手におにぎりを握ることができた」「自分で作った食事が、いつもよりおいしかったし楽しかった」「かぼちゃのみそ汁おいしいね」などと親子で楽しそうに会話しながら試食を楽しみました。

写真:夏休み親子食育教室2

写真:夏休み親子食育教室3

写真:夏休み親子食育教室4

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区保健福祉部健康・子ども課

〒060-0063 札幌市中央区南3条西11丁目

電話番号:011-511-7221

ファクス番号:011-511-8499